【対談】井岡一翔×堀口恭司、互いが感じる相手の強さとは

タグ: , , , , , 2021/1/23

 日本の格闘技界を引っ張るトップ選手の対談が実現した。

ボクシング第33代日本ライトフライ級王者で、WBCやWBAなどで日本人男子初の世界4階級制覇を成し遂げた井岡一翔と、総合格闘家で、現RIZINバンタム級王者で日本人史上初のBellator世界王者となった堀口恭司が、共にスポンサーであるHALEO協力のもと対談を行った。

・今すぐ読みたい→
井岡一翔×堀口恭司、「追う立場」から「追われる立場」へ、今若い世代へ伝えたいこと https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kazutoioka-kyojihoriguchi-conversation/

お互いが感じる相手の強さとは


 今回が初対面だという2人。冒頭、それぞれの印象について語られた。

「僕は、総合格闘技とボクシングで競技は違いますがもちろん知っていましたし見ていました。実力もそうですし、知名度も、世界で戦っている選手という認識でいました。僕は競技に復帰してから海外でやりたいと思い今やっていますが、堀口さんはずっと海外で戦いながら結果を残しているので、凄いなと思います。」

と堀口の印象について話す井岡。一方堀口は、

「テレビの中の人だなというイメージです。競技は違えど、トップで戦っている。自分もボクシングは見ますが、そんなに選手の名前は知らない。でもボクシングの競技人口が多いなかでトップに行ける選手ってやっぱり何か違うものを持っていると思うんですよね。そういった点で、井岡さんのボクシングを見て技術を真似したりもしてますし、いいところをMMAに取り入れて練習していました。」

と、「遠い存在の人だった」という印象を明かした。

競技は違えど、互いに世界で戦うトップアスリート。それぞれの強さについて聞かれた2人は、こう語った。

「僕はMMAのことは深くまでわからないですが、堀口選手は長い間海外でトップで戦われているわけじゃないですか。ボクシングでもそうなんですが、自分の技術や考え、引き出しなどを本当に身につけていないと戦う上で生き残っていけないし、トップになれないと思うんです。自分の理にかなった動きだったり考えの中で起こすアクション、そういったことを持っている選手なんだなと、いつも思いながら試合を見させていただいています。」
と、堀口の技術や思考を称賛した井岡。





「やっぱり経験ですよね。長くやっているとこのタイミングでパンチがくるなとかっていうのが分かってくると思うんですよね。その経験からくる先読みが上手い選手だなというのは思っていました。」

と、長年の経験があるからこそ得られる井岡の技術に関心のコメントを明かした。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧