ラグビー・福岡堅樹の次の夢は医師、自身の手術をモニターで観察し「人体実験」!?医師を目指すキッカケとなった主治医の言葉とは?

タグ: , 2019/10/15

 『走る医師』WTB福岡堅樹(27)が、日本を初のW杯決勝トーナメント進出へと導いた。

 自ら最後と決めた大舞台。今大会初スタメンに名を連ねた13日スコットランド戦(横浜)で2トライを決め、マン・オブ・ザ・マッチ(ゲームMVP)で勝利の立役者となった。

・合わせて読みたい→
ラグビー・松島幸太朗 特集(https://cocokara-next.com/feature_archive/kotaromatsushima-feature/)

福岡賢樹のもう一つの夢、その転機は?


 4年前、前回大会で予選落ちした悔しさを知るだけに「この時のためにすべてを犠牲にしてやってきた。因縁の相手にしっかり勝ちきって、ベスト8に行くというのが自分たちの目標になっていたので、それが達成できて最高です」と喜びを爆発させた。

 もうひとつの夢がある。20年東京五輪(7人制)で現役選手生活に区切りをつけ、医師の道を目指すと公言する異色のラガーマンでもある。

 ケガと闘ってきたラグビー人生で、転機となる出会いがあった。高校時代、ひざの前十字靱帯(じんたい)を2度断裂し、手術を受けた。選手生命にかかわる重傷だったが、親身になってくれた主治医に、大きな影響を受けた。

 「1度手術してしまうと感覚が戻らないとか不安に思っていたとき、先生は『リハビリをきちんとすれば、前と同じスピードで走ることができる』と心から安心できる説明と治療をしてくれました。幼少期から漠然と医者になりたかったのが、尊敬する先生へのあこがれで思いは強くなりました」

 祖父が内科医、父が歯科医と、医者が多い家系で育ったが、信頼する医師と出会い、おぼろげだった夢が明確な目標になった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧