マエケンが日本人6人目となるメジャーの開幕投手に 過去の5人の投手と開幕戦の勝敗は?

タグ: , , 2021/3/16

 ツインズの前田健太投手が今季の開幕投手を務めると発表された。メジャー6年目で初の大役となる。


 ドジャースからトレード移籍した昨季、前田はキャリアハイとも言える数字を残した。コロナ禍により60試合に短縮されたレギュラーシーズンで、6勝1敗、防御率2・70。投手のMVPにあたるサイ・ヤング賞の候補にも挙げられ、記者投票では2位に入った。今季はキャンプ前から、前田が開幕投手の最有力候補だった。

 「メジャーで開幕投手ができるとは思わなかった。信じられないぐらいうれしい」。大役を告げられた前田は、そう思いを口にした。これでメジャーで開幕投手を務めた日本人は6人目となる。

 最初にその栄冠を手にしたのは、パイオニアともいえる野茂英雄だった。タイガースに在籍したメジャー6年目の2000年。野茂はアスレチックスとの開幕戦に先発し、7回3失点で勝利投手となった。その後、ドジャースに復帰した2003、2004年にも2年連続で開幕投手に指名された。3度の開幕投手を務め、成績は2勝1敗だった。

・今すぐ読みたい→
実戦デビューのロッテ・佐々木朗希に吉井理人投手コーチ「スピードガンをごみ箱に捨てたい」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/roukisasaki-baseball-game-debut/





 次に開幕投手を務めたのがレッドソックスの松坂大輔。2年目の2008年、日本の東京ドームで開催されたアスレチックスとの開幕戦で凱旋登板を果たした。5回2失点で勝敗は付かず、この試合は救援した岡島秀樹が勝利投手となった。

 3人目は黒田博樹。ドジャース時代のメジャー2年目にあたる2009年、パドレスとの開幕戦に投げて6回途中1失点で勝利投手となった。

 4人目となる田中将大は、日本人最多となる4度もの開幕投手を務めた。メジャー2年目の2015年から3年連続で名門ヤンキースの顔役に指名され、2019年にも2年ぶり4度目の開幕投手。過去3度は0勝2敗だったが、4度目は重圧を感じさせずオリオールズ打線を6回途中2失点に抑えて勝利投手となった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる! 堀口恭司選手が実際にTシャツを着用しています。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧