巨人・上原再契約、仮にプロテクト外しが意図的なら優秀な戦略 新たな問題提起

タグ: , 2018/12/17

 巨人は14日、自由契約となっていた上原浩治投手と再契約した。10月29日に巨人から自由契約となり、1カ月半あまりでの復帰。日本球界では不自然にも映った動きに、一部ファンからはネット上である憶測が飛び交っていた。

 FA選手獲得で生じる人的補償のプロテクト名簿からの、一時避難である、と。

・合わせて読みたい→
高橋由伸が生きる第二の人生 「巨人しか知らなかった」エリート街道の殻を破る(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshinobutakahashi-second-life-1/)


 上原は契約した14日に自身のブログを更新。そこで以下のように言及している。

 「このことで、また訳の分からない憶測が飛んでますね。自由契約になって、プロテクト外しが目的ではないかと。球団がどう考えていたかは、自分には分かりませんが、何も裏はないですよ。自由契約になってから、他の球団から話は無かったですし、ここでもし話があれば、いろいろ考えることはあったでしょうね」

 また各メディアの報道によれば、巨人の大塚淳弘球団副代表兼編成担当も同日にこの憶測を否定したという。

 巨人は実際に上原を自由契約とした後、11月下旬に西武から炭谷を、12月上旬に広島から丸を獲得した。両選手とも人的補償を要求できるBランク以上の選手。プロテクトした28選手や新人、外国人などを除き獲得可能な選手の名簿を両球団へ送った。その直後に上原と再契約したため、タイミング的にも憶測を呼ぶこととなった。

 選手である上原本人が憶測を否定したのは分かる。仮に自由契約とした後、人的補償の名簿提出後の再契約を口約束されていたとしても、一度自由契約となれば他11球団は手出しできる状態。その間オファーはどこからも届かなかったと明かしている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧