堀口恭司が語る海外を拠点にする選手の食生活と練習環境

タグ: , 2019/2/25

 2018年の大晦日に行われた「RIZIN.14」で、劣勢からのギロチンチョークで劇的な逆転一本勝ちを飾った格闘家の堀口恭司選手。

 2016年からはアメリカの名門格闘技チーム、アメリカン・トップチームに所属し、トレーニングの拠点をアメリカに移している。

 今回からスタートする堀口恭司選手の連載。第一弾は、異国の地でよりストイックに練習に明け暮れる日々、毎日の練習やオフの日の過ごし方について、堀口選手自身が語った。

・合わせて読みたい→
強い選手と弱い選手の違いは… 堀口恭司、松田宣浩、山田恵里 アスリート座談会1(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/athlete-talk-discussion-01/)

アメリカ4年目のシーズン、生活はだいぶ慣れました


 年末の「RIZIN.14」で激闘を制し、初代RIZINバンタム級王者になることができました。応援ありがとうございます。

 試合後は日本で取材の対応やイベント出席などを行って、今は拠点にしているフロリダで次の試合に向けてトレーニングに励んでいます。

 アメリカでの生活は今年が4年目になりますが、最初の頃は食事に苦労しました。ボリュームがあるので太ってしまったり、体の管理が大変でした。

 でも今は、近くにいいレストランを見つけて、よくそこで食事をしています。そこは自分で取りたい量だけ取って、計りで計算してお金を払うシステムなので、自分でコントロールできるのが気に入っています。

 たまに自炊もしますが、食事はだいぶ慣れましたね。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧