「火の球ストレート」を持つ藤川球児氏が「あんな投手はいない」と語る最強投手とは

タグ: , , 2023/5/28

巨人のエース、クローザー、またメジャーに渡っても活躍した上原氏(C)CoCoKARAnext

 元阪神、メジャーリーグでも活躍、名クローザーとして日米通算61勝、245セーブ、164ホールドの記録を積み上げ、昨年12月に名球会入りをも果たした藤川球児氏が、上原浩治氏のYouTubeチャンネル「上原浩治の雑談魂」に出演。

 これまで対戦してきた数多くの選手の中で、自身が思う敵わない選手について語った。

【関連記事】「なんで打たれたかわからない」松坂大輔氏が語る天敵だった打者とは





 現役時代を通して、藤川氏が1番打たれた選手でいうと、A.ラミレス氏(通算対戦成績49打数17安打、打率.347、4本塁打9打点)だというが、その見た目の数字以上に嫌だった選手がいたという。

 藤川氏が、「僕が掃除をやっていないとかで、帰りの会で手を挙げて何かをチクるような奴」として例え、名を挙げたのが、かつて中日の名コンビとして一時代を築いた荒木雅博氏・井端弘和氏による「アライバコンビ」だ。

 先の例で挙げたように、常に気にしなくてはいけない存在だったというが、その真意についてこのように口にしている。

「お前のこと鬱陶しくないよ、という感じでとにかくバレないようにマウンドで立ち振る舞いをしないといけない存在でしたね。怖いという感情が出てしまうと、マウンドで時間をとってしまったりしてバレる。そういった空気感を出さないよう、いかにも簡単に退けてるようにしなくてはいけなかった。1点を守りにいく仕事をしている立場からすると、1番嫌な存在だったかもしれないですね」

 藤川氏といえば、ゆったりとしたフォームから、打者の手元で浮き上がるように伸びるようなストレートが武器であり、その球威や球筋から「火の玉ストレート」と呼ばれるなど、自身の代名詞であった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧