オコエ瑠偉、一軍定着に必要な「あの弱点」の改善

タグ: , , 2021/8/17

 今シーズンでプロ6年目を迎える楽天・オコエ瑠偉外野手(24)が一軍定着がかかった後半戦で存在感を示している。

 今年は2月に左手関節の手術を受けたオコエ。リハビリ期間を経て6月30日のイースタン・ヤクルト戦で実戦復帰すると、調子を上げ、五輪期間中断中のエキシビジョンマッチで大暴れ。後半戦の一軍キップをつかんだ。

・今すぐ読みたい→
中田翔、引退危機!気になる今後の野球続行の可能性とは・・・ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shonakata-retirement-crisis/


 後半戦開幕となった13日からの西武との3連戦で「7番・右翼」として先発出場。2試合連続の先制打を放ち、好調さをキープするなど、チームが首位に浮上するための大事なピースになりつつある。

 しかし、そんなオコエには致命的となりかねない「ある弱点」も。それは「守備ですね。広い守備範囲と強肩を誇りますが、少し雑なところがある。特に今年はコロナ禍の影響で9回打ち切りとなっている。各チーム、勝負を早めにしかけてくる中、1点を守る野球がより大事になってくる。いくら打撃が良くても守備が伴わないと、一軍定着は厳しいかもしれない」(球界関係者)。

 実際にオコエは15日に行われた西武戦では、5回の第2打席にディクソンへの代打を告げられ途中交代している。これには直前の守備が影響していたとみられる。

 4点を追う2回1死一塁から外崎の詰まった飛球に前進するも、結果としてテキサスヒットとなりピンチを広げると、さらに2死一、二塁から森の右翼線への飛球に対しても、捕球できそうな位置まで走りこむもキャッチできず、2点二塁打とした。いずれも自身の近くまで打球が飛んでおり、投手を助け、点差を広げないためにも、懸命なプレーが求められる場面だった。





 石井監督は試合後、オコエの交代に関して「深い意味はないです。決まった選手でやっていくより、いろんな選手の状態を整えていかないといけない」と語ったが、懲罰交代とも感じさせられるシーンだった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧