日本ハム・清宮の「現在地」、ミスターファイターズが指摘する同期のヤクルト・村上、ロッテ・安田との差とは

タグ: , , , 2021/7/12

 最下位にあえぐ日本ハムで、あの未完の大器に注目が集まっている。前半戦も終わろうとする中、今だ一軍昇格のない、プロ4年目の清宮幸太郎内野手(22)だ。清宮について栗山監督は最近も「一軍で何が必要かっていうのは経験させたはずなので、皆が(一軍に)行って当然でしょとなるのを待っている」とコメント。二軍首脳陣が満を持して推薦できる状態になるのを待っている状態だという。

・今すぐ読みたい→
「クジに外れて万々歳」ドラフト抽選負けが今思えば最高だった奇跡の男たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/lose-the-draft-lottery/



 投打にわたって駒不足に悩むチームで将来の主軸としてチームの期待を背負う。清宮の打撃面での課題についてミスターファイターズこと田中幸雄氏はこう指摘する。

 「試合を見ていると、素振りのときには振れているので、ひっくり返って振り切るぐらいでいいと思うんですよね。芯がきゅっとしっかりしていない感じを受ける。(同期の)ヤクルト・村上だったり、ロッテ・安田だったりに比べて下半身、おへそ周りがしっかりしていないように見える」

 
 体幹がしっかりしていないことで、へその下に位置しバットに力を伝えるのに大事な丹田(たんでん)にも力が入らず、バットを振り切れていないと見る。現在、セ・リーグの本塁打王を競うヤクルト・村上や、ロッテで活躍する同期の安田に比べて、特に下半身の弱さが目立つというのだ。





 どうすれば弱点を克服できるか。さらに一軍昇格に至るファームでの成績目安についてもこう語る。

 「『心技体』とよくいいますけど、体でしょうね。体がまずしっかりできてないと技術も伴わない。二軍でも2割5分から3割の間、ホームランも20本以上打てる能力がないと(一軍では)厳しい。中田も1年目から二軍でホームラン20発以上打ってますしね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧