河本結、先週の雪辱なるか!?原英莉花も昨年のリベンジに闘志を燃やす!「ISPSハンダ・オーストラリア女子オープン」大会直前インタビュー

タグ: , , , 2020/2/12

 オーストラリア2連戦の2戦目となる今シーズン4第戦。河本結や横峯さくらなど米ツアーレギュラー参戦組に加えて、黄金世代の原英莉花や昨年、日本ツアーのプロテストを合格した吉田優利ら多数の日本勢が出場。大会前日に総勢8名の日本勢への独占インタビューを行った。

■河本結

写真/GettyImages


Q.オーストラリア2戦目、先週はちょっと残念でしたが、土日にかなり入念な練習をしていましたね?
「はい、先週でまた新しい課題が見つかったので、その課題克服のために。すぐにできることではないですが、継続してやっていければ良いかなと思ってたくさん練習しました。」

Q.特にアプローチを入念に、精度を高めたいとおっしゃっていましたが、この辺は今いかがですか?
「そうですね。アプローチもそうですし、パッティングもそうですし、やっぱり芝が違うのでそういう所で難しいところはあります。また、アメリカとオーストラリアでは芝が違うので、すごく良い経験になっていますし、対応力をつけていかなきゃいけないと、再認識しています。」

Q.すごくコースが良く仕上がっているという話ですが、印象はいかがですか?
「日本にはない感じですね。風が強くて、距離はそんなに無いですけど、なんていうか罠が仕掛けてあって。すごくマネジメントが大事になるような、でも攻めていきたいような。考えさせられるゴルフ場なので、すごく楽しいラウンドになるのかなって思います。」

Q.先週は強風の中でガマンも強いられましたがその辺はいかがですか?
「土日の風は(予選落ちしたため)パッティンググリーンの練習場でしか味わっていないですが、初日も2日目も風に対する球のイメージはできているので、あとは自分の調子、ショットの調子が良くなってくれば、風と仲良くゴルフ出来るんじゃないか、と考えています。」

Q.先週は自分を振り返ったというような話でした。
「はい。一週間しっかり振り返れましたし、こっちのコースに来てまた違う雰囲気で、気候もすごく暖かくなってゴルフしやすくなったので、あとは楽しんで、エンジョイしてゴルフができれば良いかなと思います。」

Q.今回、原英莉花選手と一緒に予選をラウンドすることになりましたが?
「日本から来た彼女の姿を見て、すごいトレーニングをしてきて、本当に良い身体に仕上がっていたので、すごく刺激を受けましたし、ずっと海外の選手とラウンドしていたので久しぶりに日本の選手とラウンドできるのが楽しみです。ゴルフのタイプというか気持ちの面でもすごく似ているというか、共通する部分があるなって感じているので、二人でいい感じに回って予選通過できれば最高かなっていう風に思います。」

Q.二人が似ているということはイケイケタイプということですか?
「そうですね。イケイケで!まぁ若いんで(笑)。若いっていうのもおかしいですけど、まぁガンガン攻めていけたら良いんじゃないかなって思います。」

Q.コースで終盤戦、特にポイントとなるホールについてはいかがですか?
「そうですね、やっぱりバック9、後半のホールは短いパー5があったり、長いパー3があったり。成功したショットにはご褒美が付いてくるのですが、やっぱりミスショットにはすごく優しくなくて。必ず難しい罠があるので、そういう気合いの必要な部分で、良いショットを打てるようにしていかなくてはいけないなって思います。やっぱりバック9が大事になってくると思いますし、上がりの3ホールはもっと大事になるんじゃないかなと思います。」

Q.今週の意気込みをお願いします。
「(この後は)当分は日本の試合に出るので、次のANAインスピレーション(4月)に気持ち良く試合に臨めるように、良い成績を残して帰れたら良いなって思いますが、楽しんで回りたいと思います!」

・今すぐ読みたい→
渋野日向子、畑岡奈紗、春のアジアシリーズで本格始動する2人に独占インタビュー!今年のテーマは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/nasahataoka-hinakoshibuno-interview/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧