「マイヤーLPGAクラシック」畑岡奈紗、横峯さくら、山口すず夏らに大会直前インタビュー

タグ: , , , , , 2019/6/13

 五大湖のすぐそば、ミシガンで開幕するメジャー前哨戦!日本からは畑岡奈紗、野村敏京、山口すず夏らが参戦する。

2014年にLPGA女子ゴルフツアーに追加されてから同一コースで開催されている今大会。会場となるブライズフィールドCCは、1929年に開場した歴史の長い距離のあるコース。比較的フェアウェイも広いため、最後までアグレッシブに攻め続ける展開が予想される。また、グリーンが硬く、手前から奥に向かって傾斜しているホールが多い。確実にパーオンさせるのがポイント。毎年繰り広げられるビッグスコアの優勝争いから目が離せない!

翌週に迫ったメジャー第3戦「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」に弾みをつけるべく、今大会へと臨む日本勢にインタビューを行った。

■畑岡奈紗

写真/GettyImages


Q.全米女子オープン後、オフが1週間ありましたが、どのように過ごしていましたか?
「ゆっくりフロリダで練習もして、リラックスして過ごすことが出来ました。」

Q.今週に向けて、何か取り組んだことはありますか?
「(少し考えて)全部です。スイングやパッティングのテンポなどを確認しました。」

Q.ゴルフの調子はどうですか?
「あまり良くないですが、良いショットもあるのでそれを上手く出せるようにしたいです。」

Q.今大会、去年に比べて感じが変わって、パー5が最後になりましたがどうですか?
「18番は絶対取りたいパー5です。長めのパー4ぐらいの距離なので、イーグルも狙えると思います。」

Q.去年はホールインワンもありましたが、このコースはどのあたりが重要になりますか?
「ラフが長いので、フェアウェイをキープすることと、グリーン周りは悪い方に外さないことです。」

Q.かなり濡れているところもありますが、コースコンディションはどうですか?
「少し下が柔らかいと思いますが、すごく綺麗です。」

Q.メジャー前の1週間ですが、どのようにしたいですか?
「メジャーに向けて、良いイメージで行けるようにしたいです。」

・合わせて読みたい→
高橋由伸×畑岡奈紗 「競技を戦うココロとカラダ」を対談(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshinobutakahashi-nasahataoka-conversation-01/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧