堀口恭司、マンハッタンの街中で公開スパー、UFC時代以来の米での試合に勝つと史上初の2団体同時王者

タグ: , , 2019/6/13

 6月14日(日本時間、15日昼前)にニューヨーク(NY)のマディソン・スクエア・ガーデンで行われるベラトール・バンタム級タイトルマッチ(Bellator 222)で、同王者のダリオン・コールドウェルと対戦する総合格闘家の堀口恭司選手。2018年末の「RIZIN.14」でコールドウェル相手に劇的逆転勝利を果たして以来のリターンマッチとなる。

マンハッタンのど真ん中の屋外、エンパイアステートビルを背景に公開スパー


 この日は、試合会場となるマディソンスクエアガーデン(MSG)の目の前に設けられた特設練習場で、メディアやファン、NYの街を通りすがる人々の前で公開練習を行った。

 堀口が所属するフロリダ「アメリカン・トップ・チーム」のコーチで、UFC等、数々の格闘技団体で活躍したマイク・ブラウン氏を相手に打撃やフットワークを披露。「仮想コールドウェル」として、堀口がRIZIN.14にも連れてきた同僚のジョシュア・スミス選手を相手に立ち技、寝技、レスリング等を行い、順調な仕上がりを見せた。

 公開練習が終わると、見物していたアメリカ人のファン数十人から「UFCの時から見てました!」と声を掛けられ、サインに応じる等、アメリカでの堀口人気は健在だった。

「金網の方が得意」

 また、公開練習の後に行われた「メディア・デイ」(試合前会見)のフェイスオフでは、対戦相手のダリオン・コールドウェルと昨年末の「RIZIN.14」以来の対面。

 堀口が壇上に上がるなり、コールドウェルがベラトールのチャンピオンベルトを差し出す仕草を見せると、堀口もそのベルトをつかみ取ろうと応戦。両者笑い合う、お互いを認め合うからこその和やかな雰囲気のフェイスオフだった。

 日本の記者会見とは違い、各選手がブースごとに分かれて、そこに各メディアが個別にインタビューをしに来る形式のメディアセッション。来場していたほとんどのアメリカメディアが堀口のブースを訪問し、インタビューを行った。アメリカでの堀口の注目度の高さが際立っていた。

 以下、各メディアとの一問一答。

・合わせて読みたい→
堀口恭司、NY現地入り後初練習、減量も順調「食事内容は…」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-14/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧