畑岡奈紗、山口すず夏がペア参戦!「ダウ・グレート・レイクス・ベイ・インビテーショナル」大会直前インタビュー

タグ: , , , 2019/7/17

 今シーズンに新設された大会で、総勢144人のプレーヤーが2人1組で戦うストローク形式で行われる。会場のミッドランドCCは1928年オープンの歴史あるゴルフクラブ。コースは激しいアップダウンはないが、池やクリークが多く、自然を利用したレイアウトが難度を高めている。

畑岡奈紗は山口すず夏と、コ・ジンヨンはミンジ・リーとペアを組むなど、この大会ならではのトップゴルファーによるチーム戦は必見。
開幕を前日に控えた畑岡と山口に独占インタビューを行った。

■畑岡奈紗

写真/GettyImages


Q.先週は久々のオフでしたが、どのように過ごしましたか?
「ずっと、練習していました。」

Q.シーズン中にできないトレーニングをすると言っていましたが、どのようなトレーニングをしましたか?
「バーベルを使ったり、ウェイトトレーニングをやりました。」

Q.日本からトレーナーやコーチが来て、特に取り組んだことはありますか?
「もう1回、スイングチェックをやったり、4戦連続で、しっかりトレーニングが出来ていなかったので、身体作りをやりました。」

Q.調子はどうですか?
「ショットもパットもイマイチですね。」

Q.球が左右どちらかに出たりすることはありますか?
「両方ありますが、そこまで曲がり幅がひどいわけではなくて、逆球が出たり、打ちたいボールでなかったり、曲がらなかったりです。」

Q.今週は新しいチーム戦ですが、コースの印象はどうですか?
「すごく歴史の古い印象のコースで、木が高く、曲げると大変だと言うのと、グリーンがポアナのようで、速さとタッチを合わせるのが難しそうです。」

Q.15番から18番などティーショットが重要になるホールが多そうですが、キーになるホールはありますか?
「18番は池があるだけで、グリーンもフラットなので、あまり気にならないですが、14番あたりから難しくなってくると思います。」

Q.山口選手には、偶数ホールは畑岡選手がティーショットを打つと聞きましたが、どのようにして決めたのでしょうか?
「すずちゃん(山口すず夏選手)が、今、あまり調子が良くないので、イメージの良いホールのティーショットを打ってもらおうと。どうしても2番ホールなどは右に行ってしまうと難しくなるので、そのあたりはうまくカバーできれば良いと思います。」

Q.昨日、オルタネイト(フォアサム)で練習したそうですが、どのあたりが重要になってきますか?
「交互に打つのですが、自分のショットに集中して、ミスをしたらとかはあまり考えずに、いつも通りにできたら良いと思います。」

Q.ふたりで戦略など話されましたか?
「特には話してないですが、3番ホールのパー5は右に行ってはダメだとか、こう行った場合はレイアップしようとか、いろいろやりました。」

Q.今週に向けて意気込みを。
「とりあえず予選を通過して、楽しんでプレーしたいと思います。」

・合わせて読みたい→
高橋由伸×畑岡奈紗 「競技を戦うココロとカラダ」を対談(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshinobutakahashi-nasahataoka-conversation-01/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧