楽天・田中将大、大幅減棒も海外メディアは来季メジャー復帰の可能性を指摘「はるかに手頃な価格で米球団が獲得も」

タグ: , , , 2023/1/10

(C)CoCoKARAnext

 今月7日、楽天田中将大は、年俸4億7500万円プラス出来高払いという内容で契約を更改した。前年の9億円からほぼ半減という、プロ野球史上2番目の大幅減俸は各方面で大きな反響を呼ぶこととなった。

 2021年にヤンキースから楽天に復帰し、2年契約の最後の年となった昨年は9勝12敗、防御率3・31という成績に終わり、チームも4位とAクラスに届かなかった。それでも、楽天投手陣で唯一、規定投球回到達を果たし、白星も則本昂大の10勝に次ぐチーム2位の数字を残しているだけに、想像を超えたダウン査定とも捉えられる。

【関連記事】新庄ハム 近藤の人的補償はまさかのロマン枠? ささやかれる「不安材料」





 日本の国内でも大きな驚きとともに知れ渡った、元メジャー投手の大減俸のニュースは、海の向こうでも話題となっており、さらに「楽天残留」という事実にもさまざまな声が挙がっているようだ。

 米スポーツサイト『FANSIDED』では田中と古巣ヤンキースとの関係に言及しながら、今回の契約を報じている。

 同メディアは「2021年、2022年と9億円を稼いでいた田中は、この契約により大幅な減俸となる。その間、318・2イニングで防御率3・16、WHiP1・098を記録し、打者252人を奪三振、59四球と好成績を残していた。しかし、合計13勝にとどまった」と楽天での2年間の成績を振り返った。

 また「2021年シーズン前に楽天ゴールデンイーグルスと2年契約を結び、7年間のメジャー生活にピリオドを打っていた。その契約が切れればアメリカへの復帰を模索し、贅沢税をリセットしたヤンキースへの復帰が濃厚と考えられていた」として、米球界への復帰の見込みもあったと述べている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧