「重複しそうな選手は…」野村克也氏の「懐刀」松井優典氏が今秋のドラフトを語る!

タグ: , , , , 2022/10/18

(C)CoCoKARAnext

 名将・野村克也氏の下、ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチを務め、ヤクルトでは編成部長、ファームディレククターなども歴任。選手の目利きに定評のある松井優典氏が、今月20日に行われるドラフト会議の傾向について語った。

【関連記事】野村克也氏の「懐刀」松井優典氏が「ドラフト注目野手トップ3」を選出!「西武の源田を彷彿させる遊撃手」とは?






 高校生では高校通算68本塁打の高松商・浅野翔吾外野手をはじめ、甲子園通算11勝の近江・山田陽翔投手、大学生では投打の二刀流で注目度が高い日体大・矢沢宏太投手などが目玉になっている今秋のドラフト。全体的な印象について松井氏は、「これはもう1位だろうという、突出している選手が少ない」と述べ、例年に比べて「不作」の年であるという印象を明かした。

 指名が集まる選手としては、「やはり蛭間や矢沢、または左の本格派である曽谷あたりが重複するのでは」と、西武が1位指名を公言した早大・蛭間拓哉外野手、日本ハムが公言した日体大・矢沢宏太投手、オリックスが公言した白鷗大・曽谷龍平投手らを挙げた。大学生の目玉とされる矢沢投手については、「二刀流で注目されているけど、現場としては使い方が難しい面がある。だから、矢沢の1位指名というのに慎重になる球団もあるかな。日本ハムは上手く使うと思うけど」と語った。

 今夏の甲子園で3本塁打を放つなど、高校通算68本塁打を誇る高松商・浅野外野手は巨人が指名を公言しているが、競合の可能性について松井氏は「浅野はそれほど競合しないと思う。巨人が公言したことによって、高校生で長打が打てる右打者が欲しいという球団は重複を避けて、日本航空石川・内藤鵬内野手などを指名するのではないか」と述べた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧