「3球も続けて起こるか?」MLB球審の連続“誤審”に非難殺到!「馬鹿げている」「バッターがかわいそう」とファンも憤慨

タグ: , 2022/5/5

不満をあらわにするブレーブスのオズナ。打者にとっては気の毒といえる明らかな誤審だった。(C)Getty Images


 3球連続で起きた“不可解な判定“に多くの批判の声が上がっている。

 5月4日(日本時間5日)にシティ・フィールドで行われたアトランタ・ブレーブス対ニューヨーク・メッツ戦、4回表1死一塁の場面で事件は起こった。

【関連動画】「バッターがかわいそう」とファンも憤慨!3球連続で起こったMLB球審の”不可解判定”の実際の映像をチェック

 ブレーブスの4番打者マルセル・オズナに対し、メッツ先発のタイラー・メギルが1球目に投じたバッターの膝下あたりに沈むチェンジアップはストライク判定。2球目のストレートも外角に外れたと思われたが、これもストライク。そして3球目に投じたスライダーもボールであると思われたが、まさかの三振の判定。自信を持って見逃した打者のオズナは、1球もスイングをさせてもらえず、首を傾げ、不満気な表情を浮かべながら、バッターボックスを後にした。

 この不可解な判定に、ピッチングアナリストのロブ・フリードマン氏は「審判によるショーへようこそ」というツイートを投稿。さらに、テレビ画面に表示されるストライクゾーンを広げて表示し、誤審であることを強調した動画もアップして不満を露わにした。

 また、この“誤審”とも言える判定に対し、ファンからは「ばかげている」「ありえない」「どうやったら同じことが3球も続けて起こるのか?」といった球審への批判や、「バッターがかわいそう」などの打者への同情の声で溢れている。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】「明日は必見だ!」大谷翔平、100年ぶりの歴史的登板に米注目!“聖地”での二刀流披露に名将も期待「この場所は特別だ」
【関連記事】エンゼルス・大谷スタメン復帰も「気になる兆候」 注目集める「らしくない姿」とは
【関連記事】「あれはストライク」佐々木朗希の“球審問題”に佐藤義則氏が見解!「僕が投手コーチだったら・・・」






「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧