大谷が菊池、前田からホームラン、過去に最も多かった日本人対決とは?

タグ: , , , 2019/6/13

 連日の日本人投手撃ちでエンゼルス・大谷翔平が乗ってきた。フリーウエー・シリーズ第2戦の11日、ドジャース・前田健太から弾丸ライナーを右翼席へ突き刺した。


 初回2死。今季絶好調の前田が無難に立ち上がるかと見えた。その出はなをくじいた。この先制ソロ本塁打でリズムを乱した前田は、この回一挙5失点。5月以降無傷の4連勝中だったがそれも止まり、3敗目を喫した。

 日本人対決でのホームランは2009年に福留孝介が中日の先輩・川上憲伸から放ってから、10年間出ていなかった。それを、大谷が8日、花巻東の先輩・菊池雄星から豪快な一発を見舞い、止まっていた時の針を動かしたばかり。そのわずか3日後に、またも打った。

 エンゼルスは来月にも菊池のマリナーズと6試合、前田のドジャースと2試合が組まれ、9月には田中将大のヤンキースとも3試合ある。新たな日本人対決はこれからもどんどん増えていく。

・合わせて読みたい→
名捕手・谷繁元信が注目する次世代のキャッチャーは?(https://cocokara-next.com/motivation/motonobutanishige-focus-on-catchers/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧