海を越えて競い合う村上とジャッジ、史上初日米同時に3人の3冠王誕生も?!

タグ: , , , , , 2022/9/20

(C)CoCoKARAnext

 村神様を上回る勢いのラストスパートだ。ヤンキースのアーロン・ジャッジが18日(日本時間19日)、ブルワーズ戦で58号、59号の1試合2本塁打。全米が注目している1961年にロジャー・マリス(ヤンキース)が残したア・リーグ記録のシーズン61本へ、あと2本と迫った。

【関連記事】海を越えて競い合う村上とジャッジ、史上初日米同時に3人の3冠王誕生も?!






 ヤクルト村上宗隆が54号、55号と重ねて、王貞治の日本選手記録シーズン55本に並んだのが9月13日。その時点ではジャッジも55本塁打だったが、そこからマルチ本塁打試合を2度重ねた。これでシーズン65本ペース。一方の村上は列島が56号を待ち望む中、四球攻めなどもあり3試合足踏みが続く。それでもシーズン60本ペースは維持している。シーズン換算の本数で大きく水を空けられているのは、NPBが143試合制なのに対し、MLBは162試合制であるためである。

 ジャッジはシーズン11度目のマルチ本塁打試合となった。これで1938年のハンク・グリーンバーグ(タイガース)、1998年のサミー・ソーサ(カブス)のメジャー最多記録に並んだ。

 実はNPBでも11度のマルチ本塁打試合が長く最多記録として君臨してきた。1985年のランディー・バース(阪神)と落合博満(ロッテ)、2013年のウラディミール・バレンティン(ヤクルト)の3度の金字塔だったのだが、これを今季破ったのが村神様。54号、55号で今季12度目のマルチ本塁打試合として、上回った。この数字だけなら、ジャッジよりも1試合多い。

 また、見逃せない数字がここにきて村上に増えてきた敬遠の数だ。18日の阪神戦での申告敬遠で、今季両リーグ断トツの22。これは、今季メジャーリーグトップタイのジャッジの17敬遠を上回る。なおエンゼルスの大谷翔平は13敬遠で、こちらはリーグ3位となっている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧