大坂なおみの「新恋人」はどんな人?前コーチとは何が?

タグ: , , 2019/3/1

 大坂なおみ(21)に「新恋人」が見つかった。

 1月の女子テニス全豪オープンで優勝し、世界ランキング1位になった大坂が、サーシャ・バインコーチ(34=ドイツ)を電撃解雇してから約2週間。新しいコーチとして、米国協会女子ナショナルコーチのジャーメーン・ジェンキンス氏(34=米国)を迎え入れたことが分かった。自身のSNSで明らかにした。

写真:Getty Images

・合わせて読みたい→
「日本のメディアは酷い。世界中で笑われる」 大坂なおみの記者会見に落胆の声(https://cocokara-next.com/stress/voice-of-discouragement-to-the-press-conference/)


 ジャーメーン氏は選手としては無名だったが、ヒッティングパートナーとしては評価が高い。15年7月から18年まで元世界ランク1位、四大大会7度優勝のビーナス・ウィリアムズ(米国)の練習相手を務めていた。ケガなどで一時低迷したビーナスの復活を支え、米メディアでは「驚くべき結果を残した人物」といわれるほどだ。

 大坂は、筋肉質で精悍(せいかん)なジャーメーン氏と一緒に撮影した写真をインスタグラムで公開し「仲間入りしてくれたことを感謝します」とコメント。周囲で騒がれた「コーチ問題」に一区切りつけたかのように、満面の笑みを見せた。

 大坂は新コーチの条件としていくつか挙げていた。

 「ポジティブな人。コーチのボックスでネガティブなことを言う人はいらない」
 「私に面と向かって、直接言ってくれる人がいい。陰でコソコソ言わない人」
 「成功よりも、自分の幸福感が大事。幸せより、成功を優先する人間にはなりたくない」

 前任のサーシャコーチと決別した直後だけに、2人の信頼関係が破綻した原因のようにも聞こえる。わずか1年の短期間で、世界の頂点に立ったコンビの決裂は、世界テニス界の大きな話題になった。2人に何があったのか。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのTシャツを着て、6月14日N.Y.マディソンスクエアガーデンで開催されるタイトルマッチを応援しよう! 通気性と速乾性に優れたReebok性のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧