大坂なおみ「もちろんとてもワクワクしています」 全仏オープンテニスへの意気込みを語る

タグ: , , 2019/5/28

 初夏のフランス・パリで開幕したグランドスラム第2戦『全仏オープンテニス』。

大会第3日には、第1シードとして女子シングルスに臨む大坂なおみが登場する。2018年全米、2019年全豪と優勝を決め、グランドスラム3大会連続優勝に期待が懸かる大坂選手が今大会への意気込みを語った。なお大坂選手は女子シングルス1回戦で、世界ランキング90位のアンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)と対戦する。

(c)Getty Images

・合わせて読みたい→
伊達公子が語る、胸のカップ↓で世界ランク↑した執念のテニス選手(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kimikodate-tenacity/)


Q:1年前とは違った立場です。他のサーフェスでは結果を出してきましたが、それがここで役立ちますか?
大坂「はい、私はオールコート選手であるべきだと感じています。正直言って、何年にも渡って、クレーのプレーを見つけ出そうとするのは、ちょっとした道のりだったけど、今年は良いプレーをしていると思います。だから本当に、ここで何か起きるか、ワクワクしています」

Q:手に関しては、思い通りに打てるようになりましたか?
大坂「今、手の状態は良くなっています。日毎に良くなっているから、私の試合までには100%になるんじゃないかなと思っています」

Q:全米(2018年)や全豪(2019年)では、優勝出来ると思いながら大会に入りましたか? また今年の全仏でもそれが出来る気がしていますか?
大坂「全米では『ノー』でした(笑)。全米の時は、その前に3連敗していたことが大きな理由です。正直言って、良いプレーをしたかっただけ。準々決勝まで行けるかなって。ただ楽しみたかった(笑)。でも、優勝してしまいました。
でも、実際、全豪ではゴールが優勝って感じでした。毎日、そのことを考えながら起きていました。なので全豪での私の心構えは、全米とはかなり違っていました。
ここ(全仏)では全豪と同じ心構えを持とうとしています。ここで、『準々決勝まで行きたい』とは思いたくない。全仏ではまだ、そこ(準々決勝)まで行ったことはないけど、私のゴールは優勝です、もちろん」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧