「バンタム級に思い残すことはない」井上尚弥が日本人初の4団体統一達成!「亀」になったバトラーを殴りに殴って11回KO勝ち

タグ: , , , , , 2022/12/13

(C)CoCoKARAnext

 プロボクシングWBAスーパー、WBC、IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が12月13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者のポール・バトラー(英国)と対戦。圧倒的な力の差を見せつけ、11ラウンドKOで4団体王座統一を果たした。

 井上は1ラウンドから強烈な左右のパンチでプレッシャーをかけ、リズムを作っていく。さらに2ラウンド以降は、左ボディからのコンビネーションや強烈な右フックで攻勢を強めると、バトラーは井上の強打を警戒して手が出せない状態に。これに対して井上は、固いガードをはがそうと、サウスポーにスイッチしたり、ノーガードで挑発したりと揺さぶりをかけた。

【関連記事】力の差を見せつけた井上尚弥にバトラー陣営も脱帽「他の選手とは次元が違うスピードだった」






 初めてバトラーからパンチを出したのは8ラウンド。それほどバトラーはディフェンスを固め、井上の猛攻に耐えていた。

 しかし、ついに11ラウンド。その時がやってくる。

 バトラーにプレッシャーをかけ続けた井上は、まず強烈な左ボディをお見舞い。これで相手がひるんだとみるや、怒涛のラッシュを仕掛けてWBO王者をマットに沈めた。

 圧巻のKO劇でバンタム級を締めくくった井上は試合後、「皆さんありがとうございました。4団体統一しました」と第一声。さらに、「正直このバンタム級のウェイトも楽ではない中でしっかり仕上げて4団体統一に突き進むことができました」と続け、「4団体統一を成し遂げて、スーパーバンタム級への転向を考えています」と階級上げを明言し、「バンタム級に思い残すことはない。史上9人目という数字が物語っている4団体統一の難しさ。団体の垣根という問題もあってすごく遠回りしましたが、今日12月13日は最高の日になりました」と歓喜を叫んだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧