力の差を見せつけた井上尚弥にバトラー陣営も脱帽「他の選手とは次元が違うスピードだった」

タグ: , , , , , 2022/12/13

(C)CoCoKARAnext

 バンタム級”最終章”でも、モンスターは圧巻の強さを見せつけた。

 プロボクシングWBAスーパー、WBC、IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が12月13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者のポール・バトラー(英国)と対戦。ディフェンスを固める相手を攻め続け、11ラウンドKOで4団体王座統一を果たした。

【関連記事】「バンタム級に思い残すことはない」井上尚弥が日本人初の4団体統一達成!「亀」になったバトラーを殴りに殴って11回KO勝ち






 試合は完全に井上のペースだったが、KOまでには時間がかかった。それは、この試合の解説を務めた長谷川穂積氏が「勝ちたいのか、倒されたくないのか分からない」と語ったほどに、対戦相手のバトラーがほとんど手を出さずにガードを固めたからだ。

 井上はノーガードでの挑発も交えながら、打ちに打ちまくってチャンスをうかがった。そして相手が我慢の限界を迎えた11ラウンドに猛ラッシュを仕掛け、粘るバトラーをマットに沈めたのだ。

 バトラー陣営にとっても、井上の強さは想像以上だったようだ。試合後の会見でギャラガートレーナーは「3、4ラウンド目でいけるんじゃないかと思ったが、6ラウンドくらいに井上のスピードが上がった。他の選手とは次元が違うスピードだった」と脱帽。バトラー本人も「オーディエンスに臆病な奴と思われたくなくて攻めようと思ったが、上手くいかなかった」と井上の実力に舌を巻いた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧