「イノウエのことは忘れるべきだ」かつての対抗王者カシメロに母国識者が助言 井上尚弥の“眼中になし”「もう頭の中にないだろう」

タグ: , , , , , , , 2022/12/12

(C)Getty Images

 世界注目のビッグマッチが直前に迫る中、かつての対抗王者には、母国識者からも厳しい目が向けられている。

 12月13日、東京・有明アリーナで行なわれるボクシングWBAスーパー・WBC・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥 vs WBO同級王者ポール・バトラー(英国)の4団体統一戦。待ちに待った大一番となるが、前WBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)にとっては、複雑な思いを抱かざるを得ない一戦だ。

【関連記事】「次のパッキャオと呼べる存在か?」井上尚弥と伝説の王者を米メディアが比較!認められた相手が必要だ」






 昨年12月に実施予定だったバトラーとの防衛戦では、ウイルス性胃腸炎のため前日計量を欠席し、試合中止となったカシメロ。今年4月に再設定された同カードでは、減量時のサウナ使用で出場停止処分となり、これが英国内の規約違反に該当したため、またも試合がキャンセルに。その後、WBOから王座を剥奪されていた。

 今月3日には、スーパーバンタム級10回戦でWBO同級8位の赤穂亮(横浜光)と対戦したが、ここでまたしてもカシメロは、ボクシング界に物議を醸してしまう。2ラウンド途中、カシメロの打撃が赤穂の後頭部にヒットし、試合は中断。そのダメージが回復せず、まさかのノーコンテスト(無効試合)となったのだ。

 フィリピンの放送局『GMAネットワーク』が掲載した記事によると、こうした状況を踏まえたボクシング解説員のエド・トレンティーノ氏は、存在感を失いつつあるカシメロについて、「次がイノウエということは、まずないだろう」と指摘。その上で、「彼は、自身のキャリアにつきまとう疑問にまだ答えていない」と苦言を呈している。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧