井上尚弥に敗れた元IBF王者が”モンスター”の圧勝を予想!4団体統一戦で「バトラーは5ラウンド持つとは思えない」

タグ: , , , , , 2022/10/18

(C)Getty Images

 ボクシングのWBAスーパー、IBF、WBC世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)と、WBO世界同級王者ポール・バトラー(英国)による4団体王座統一戦が12月13日、東京・有明アリーナで行われる事が正式決定した。そんな井上とバトラーの一戦を前に、2019年5月に井上に2回TKO負けを喫した前IBF世界同級王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が井上が圧勝すると予想している。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じた。

【関連記事】「キャリア最大の戦いだ」井上尚弥戦に挑むバトラーの決意を米誌が報道「歴史を刻むために日本へ行く」

 2022年6月にはノニト・ドネアにKO勝ちして3団体統一王者に輝き、さらに全階級を通じたプロボクサー最強ランキング「パウンド・フォー・パウンド」で1位にもなった井上は次なる目標を、4団体統一王者と明言している。

 ここまで圧倒的な強さを見せつけてきた”モンスター”の次なる対戦について、18年にバトラーに判定勝ちを収め、IBF王座を獲得した実績を持つロドリゲスは、「バトラーは、イノウエ相手に5ラウンド持つとは思えない」と一方的な試合になると予想した。

 ロドリゲスが井上をここまで評価するには理由があった。19年にイギリス・グラスゴーで行われたWBSSバンタム級の準決勝で、井上とロドリゲスは対戦し、開始259秒で井上の前になすすべなくKO負けを喫しているのだ。ロドリゲスはこの一戦を振り返り、「イノウエ戦ではミスを犯してしまった。真っ向から挑んでしまった」と、井上に対して力勝負を挑んだことを後悔し、改めて井上の強さを強調した。

 さらにロドリゲスは、「私が対戦した中で最高のファイターだ。今まで戦った中で最も爆発的なファイターだ」と井上を大絶賛し、井上とバトラーの両者と唯一対戦経験のある選手という立場から考えても井上を支持したことを伝えている。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】「他の選手とは全然違う」井上尚弥は“減量”の上手さも別格!カラダづくりを支える管理栄養士が感じたモンスターの進化

【関連記事】井上尚弥の肉体を「進化」させた食事・栄養改革。プロテインを使うようになった理由とその使い分けは?

【動画】わずか264秒の圧勝劇!井上尚弥が渾身の左フックでドネアを沈めた衝撃KOシーンをチェック!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧