「キャリア最大の戦いだ」井上尚弥戦に挑むバトラーの決意を米誌が報道「歴史を刻むために日本へ行く」

タグ: , , , , , 2022/10/14

(C)CoCoKARAnext、(C)Getty Images

 ボクシングWBAスーパー、WBC、IBF世界バンタム級王者井上尚弥(大橋)とWBO世界同級王者ポール・バトラー(英国)による4団体王座統一戦が12月13日、東京・有明アリーナで行われる。すでに海外メディアでは開催合意と報じられてきており、10月13日、ようやく日本国内でも正式発表に至った。

 井上は今年6月にノニト・ドネア(フィリピン)を下して3団体王座を統一するなど、圧倒的な強さを誇ってきた。日本人史上初の4団体統一に向け、世界中から次戦のバトラー戦への注目度は高まり続けている。

【動画】わずか264秒の圧勝劇!井上尚弥が渾身の左フックでドネアを沈めた衝撃KOシーンをチェック!

 一方で、日本で開催となるタイトルマッチにおいて、WBO王者のバトラーは初の自国以外のリングでの戦い。「モンスター」を相手にどんなファイトをみせるか、こちらも海外メディアの視線を集めている。

 米ボクシング誌『The Ring』ではこの公式発表を受けて井上とバトラーの統一戦開催を伝えており、その中ではバトラーの試合への意気込みや、所属プロモーターからのコメントなどが掲載されている。

 同メディアは「イノウエはIBF、WBA、WBCのベルトを保持し、階級を上げる前にベルトを統一することを望んでおり、2度の世界チャンピオンであるバトラーがそのパズルのピースを握っている」として、井上の去就やこの王座統一戦を展望。

 さらにバトラー自身のコメントを掲載し「イノウエは驚異的なファイターだが、私の技術、そして私の決意を過小評価する者は一人もいないはずだ。私はこのスポーツの歴史に自分の名前を刻むために日本へ行く」と語っている。

 また、バトラーが所属するProbellum社のリチャード・シェーファー社長による「ポール・バトラーは、歴史を刻み、大逆転を起こし、誰もが認める世界バンタム級チャンピオンとして帰国する準備が整っている」と語ったコメントも掲載している。

 また、記事では他にもバトラーの言葉として「私は20年以上ボクシングをしてきたが、すべての成功と挫折が私をここに導いた。この一戦は私のキャリアの中で最大の戦いだ」と、大一番への強い決意を紹介している。

 両者にとって、最も重要となる一戦であることは間違いない。12月13日は井上、バトラーによる死力を尽くした戦いとなりそうだ。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】「他の選手とは全然違う」井上尚弥は“減量”の上手さも別格!カラダづくりを支える管理栄養士が感じたモンスターの進化

【関連記事】井上尚弥の肉体を「進化」させた食事・栄養改革。プロテインを使うようになった理由とその使い分けは?

【フォトギャラリー】ドネア戦の激闘を振り返る!“地球上で最強のアスリート” 井上尚弥を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧