1月に入ってプロ野球全12球団でコロナ陽性者 他球団選手との合同自主トレで複数感染も

タグ: , , 2022/1/22


 プロ野球で新型コロナウイルスの検査で陽性と判定された選手が続出している。佐賀県嬉野市で行われた自主トレではソフトバンクの柳田悠岐外野手、日本ハムの清宮幸太郎内野手、ロッテの安田尚憲内野手ら6選手の感染が判明。熊本市内で練習していたソフトバンクの松田宣浩内野手、DeNAの宮崎敏郎内野手ら6選手も陽性となった。

・今すぐ読みたい→
G小林誠司 一軍キャンプ志願も求められる「あのミッション」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/seijikobayashi-mission-02/



 これにはプロ野球12球団側も頭を悩ませているという。選手が交わす統一契約書では、球団との契約期間は、シーズン前の2月1日から日本シリーズ終了後の11月30日までと定められており、自主トレ期間のこの時期は契約期間外。練習も選手の自主裁量で行われる。

 特に近年は他球団の選手も交えて複数で合宿型式の自主トレをするケースが増えている。シーズン中は球団が一括して選手を管理し、外部関係者や報道陣との動線を分けるなどしてコロナ感染対策をしてきたが、他球団の選手と一緒に行う自主トレの場合は1人に感染が見つかると、今回のように他球団の選手にも感染が広がる可能性が出てくる。





 1月に入って全12球団で陽性となった選手が出た。中日は全球団で唯一、国内で自主トレしていた選手に感染者は出ていないものの、帰国していたダヤン・ビシエド内野手が再来日直後に空港でのPCR検査で陽性と判定され、隔離措置を受けた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧