「FA取得6年」要求に球界OBが「難しい」と見解!「選手と球団の両者にメリットがある」と語る新制度とは?

タグ: , , , , 2022/12/7

(C)Getty Images

 球界OBが現状のFA制度の問題点を指摘した。

 11月5日、日本プロ野球選手会はフリーエージェント(FA)権の取得年数を国内、海外ともに6年に短縮することと、人的補償制度の撤廃を求めていく方針を確認した。

【関連記事】沢村争奪戦スタート 獲得を視野に入れる「球団の名前」






 今オフは、森友哉捕手、伏見寅威捕手、嶺井博希捕手の3人がFA権を行使して移籍を決断。日本ハム近藤健介外野手も移籍を熟考中であり、活発なFA市場となっている。しかし、ここ数年はFA権を行使せず残留する選手も多い。

 日本プロ野球選手会は、現状のFA制度を問題視。権利取得に国内FAが7〜8年、海外FAで9年かかる制度を、国内、海外ともに6年への短縮を目指す。また、同時にFA移籍に伴う人的補償の撤廃も求める方針も示した。

 千葉ロッテマリーンズや日本代表の正捕手として活躍したプロ野球OBの里崎智也氏は自身のYouTubeチャンネルで、FA制度に関する選手会の方針について言及。「海外のFA権の9年を短縮することは難しい。ポスティングが行われるようになってきたし、入団時に将来のポスティング移籍も含めて交渉できるようになったから」と、選手会が求めている海外FA権の取得年数短縮は難しいと見解を示した。

 その上で里崎氏は、現状の制度では移籍が活性化できていないという点について、「FA制度の1番の問題点は”宣言”をしないといけないというところ」現状のFA制度の問題点を指摘し、「選手会はリスクはあるけども、6年を短縮するんだったら、全選手が”自動FA”になるように訴えるといいと思う」と提言した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧