前座とはいわせない!「もうひとつの箱根駅伝」で富士通V

タグ: , 2021/1/2

 「もうひとつの箱根駅伝」ともいわれるニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗)。元日決戦の毎年恒例行事には、箱根経験ランナーがズラリ。大学時代を思わせる走り、社会人でより成長した姿を、楽しみにしている駅伝ファンは多い。

※画像はイメージです






・今すぐ読みたい→
箱根駅伝ハプニング集 警察暴走、犬で裸足で区間新 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hakone-ekiden-rare-scene-02/



 レースは群馬県庁発着の7区間、100キロで争われる。200キロ以上を走る箱根と違って距離が短く、大差がつかないため、順位の入れ替わり、競り合いが激しい。2021年の第65回大会は、4区からトップに立って逃げ切った富士通が12年ぶり3度目の優勝を飾った。

 ハイライトはエース区間の4区。トップ集団を3人が形成した。富士通・中村匠吾(28歳=駒大)は東京五輪マラソン打表。5連覇を狙う旭化成・鎧坂哲哉(30歳=明大)はこの大会で区間賞4度。もう1人は、三菱重工・井上大仁(27歳=山梨学院大)は同区間記録保持者。箱根でもエース級だった実力者が仕掛けるタイミングをうかがいながらの並走は見応えたっぷり。残り4キロを切ってスパートした中村が2位に18秒の差をつけ、貫禄を見せた。

 中村からトップでたすきを受けた5区・塩尻和也(24歳=順大)が差を広げ、6区・鈴木健吾(25歳=神奈川大)と7区・浦野雄平(23=国学院大)が区間賞の走りで、歓喜のゴールテープを切った。いずれも箱根では名の知られたスター選手ばかり。昨年まで国学院大に所属していたルーキー浦野は、箱根で2年連続区間新。塩尻は順大時代の19年箱根2区10人抜きで日本人歴代最高タイム、鈴木も神奈川大時代の17年2区で区間賞をマークしている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧