190勝の楽天・田中か、中日・大島か、守護神トリオか。次に名球会の扉を叩くのは?

タグ: , , , 2022/9/18

 楽天田中将大投手が17日、CS争いを繰り広げている西武戦に先発し、7回を4安打無失点、4三振1四球という内容で9勝目を挙げた。これで日米通算190勝に到達。名球会入りの条件である通算200勝の大台がいよいよ見えてきた。

【関連記事】坂本勇人「女性問題」で来季コンバート加速か 遊撃→外野の可能性も






 チームをCS進出圏内の3位に浮上させる1勝でもあった。田中は「200という数字は意識する。一つ一つ積み重ねていきたい」と大台への意欲を隠そうとはしなかった。日本復帰以降は、大きな期待を裏切り、黒星先行の投球が続いてはいる。昨年は4勝9敗に終わり、今季はこれで9勝10敗。もっともまだ33歳という年齢もあり、名球会入りの200勝は通過点に過ぎないだろう。その先、どこまで勝ち星を積み重ねていけるかに焦点は移りそうだ。

 田中の190勝という数字は、現役投手では最多の数字だ。これに次ぐのがパドレス・ダルビッシュ有でこちらは日米通算186勝。またヤクルト・石川雅規も182勝につけている。その下は少し離れて、ツインズ・前田健太が156勝、ソフトバンク・和田毅と楽天・涌井秀章が154勝となっている。

 年齢的な問題と、ここ数年のパフォーマンスを考えれば、和田と涌井の名球会入りは厳しいと言わざるを得ない。やはり投手にとって名球会入りの条件は高い壁だ。続く149勝の楽天・岸孝之も40歳手前で難しい。その下となると、135勝の西武・内海哲也は今季限りで現役引退。130勝の金子千尋も往年の勢いはない。115勝の巨人・菅野智之も大台に手が届きそうなペースではない。

 打者に目を向ければ、名球会入りが有力な選手はまだまだいる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧