プロ野球界・消えたニックネーム伝説 ウルフ、ハマの龍神、マッサン…

タグ: , 2020/12/13

「ハマの龍神」金城龍彦(横浜)

 1998年のドラフト5位で社会人の住友金属から横浜入りした金城さん。プロ入りとともに投手から打者に転向して、スイッチヒッターにチャレンジ。才能は2年目の2000年に大きく開花します。打率・346で首位打者と新人王をダブル受賞したのです。

 そして翌01年のシーズン前、球団は若き安打製造機を売り出すため、公式ホームページ上で愛称を公募します。そこで選ばれたのは「ハマの龍神」というものでした。考案者の方々には、金城さんのサイン入りバットとボールが贈られました。

 だがしかし・・・。

 「ハマの番長」三浦大輔さんや「ハマの大魔神」佐々木主浩さんら、「ハマの~」で始まるニックネームが既に市民権を得ていたことも災いしたのでしょうか。あんまり「ハマの龍神」と呼ばれることはありませんでした。

 代わりに定着した愛称が「野生児」。なるほど、こちらの方が金城さんのプレースタイルを思い起こさせてくれます。勝負強い打棒と親しみやすい人柄は引退した今もなお、ファンの間で語りぐさです。

「マッサン」岡本和真(巨人)

 史上最年少で「3割・30本・100打点」を記録したジャイアンツの主砲・岡本さん。2014年秋のドラフト1位で巨人に単独指名されて入団すると、15年2月の春季キャンプでは将来の主砲候補としてスポーツメディアがその一挙手一投足に注目しました。キャンプインから1週間、未完の大器への愛称が一度は「マッサン」に決まったことを知る人は、もはやごく少数でしょう。

 名付け親は木村2軍投手コーチでした。「和真」の「ま」を取って「マッサン」としたのです。ちょうどその頃、NHK連続テレビ小説「マッサン」がオンエアされていたという背景も見逃せません。

 その後、2軍首脳陣から「マッサン」と呼ばれ続ける中、練習に明け暮れたのですが、完全に1軍に定着した今、この愛称を用いるファンはほぼ絶滅しています。名前の最終音から引用するという分かりにくさが、定着を妨げた要因と見られます。

 古くは「若大将」「青い稲妻」、最近では「マー君」「マエケン」など、愛称で呼ばれることは一流の証しとも言えます。ニックネームが球界の枠を超え、広く世間をにぎわすような新星がこれから現れるのか、期待したいですね。





※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
名球会右腕も・・・高校で「無名の控え」だったがプロ野球で活躍した選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/dominating-player-in-professional-baseball/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧