ソフトB・松田が1500安打達成「自分自身にムカついていた」

タグ: , 2019/4/1

  「熱男」の2019年シーズンが始動した。ソフトバンクの松田宣浩選手が開幕戦となる3月29日の西武戦、今季初打席でホームランを放ち、史上125人目、通算1500安打を達成。1000安打目に続き、節目をメモリアルアーチで飾り、今シーズン初の「熱男」パフォーマンスをヤフオクドームに響かせた。


 昨シーズン終了後には、「大舞台で結果が出せなくて自分自身にムカついていた」と語っていた松田選手。それでも、「今は見返してやろうって気持ち。36歳のシーズン、キャリアハイを目指します」と宣言していたプロ14年目のベテランが、開幕戦から最高のスタートを切った。

 1500安打は、松田選手が「松中信彦さん(1767安打)や小久保裕紀さん(1670安打)の野球に対する姿勢はホークスの基盤となっている」と語る、偉大な先輩達が達成してきた一流の証だ。

 今年はさらに、1500試合出場まで残り4試合、250本塁打まで残り5本(2019年4月1日現在)と、記録にも記憶にも残るシーズンになりそうだ。

・合わせて読みたい→
球界最高のモチベーター 松田宣浩(https://cocokara-next.com/feature_archive/nobuhiromatsuda-feature/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧