松田宣浩が見た「日本シリーズ」。MVPは杉本、吉田正ではなく「意外なあの選手」

タグ: , , , , , 2022/10/31

(C)CoCoKARAnext

 オリックスの4勝2敗で幕を閉じた今年の日本シリーズ。実に26年ぶり5回目の頂点に輝いた関西の雄が、ヤクルトとの熱戦を制した要因は何だったのか。福岡ソフトバンクホークスで6度の日本一に輝いた、松田宣浩に話を聞いた。

 数々の歓喜を味わった名手が『鍵』を握ると見ていたのは、両チームの主軸打者だった。

【関連記事】原巨人の「大誤算」 最初からつまずいた「FA青写真」






「ヤクルトは山田哲人村上宗隆、オリックスは杉本裕太郎吉田正尚がどれだけ打てるか。短期決戦でマークされる中でも、打てたほうが勝つと見ていました」

 その言葉どおり、試合を重ねるごとに調子を上げていったオリックスが優位に立ち、2連敗から始まりながらも、終わってみれば4勝2敗。杉本は第6戦で決勝の右前適時打、第7戦ではエラー絡みではあったが、5回2死満塁の場面で左中間へ運び、3者をホームへ迎え入れた。一方の吉田正は、第5戦でサヨナラ2ランを含む1試合2本塁打を放つなど印象的な働きを見せている。

 それでも、松田が選んだMVPは、この2人ではない。

「僕が選ぶなら、MVPは太田椋選手。最後の2試合で1番を任された。あそこで急に固定されて、その期待に応えた。日本シリーズで初球ホームランは初。あれは大きかったと思う。先に言ったように両チームの主軸がカギを握ると思っていたけど、やっぱり最後に頑張った太田がMVPだと思う」

 日本シリーズという短期決戦は、結果がすべてだ。百戦錬磨の松田だからこそ、なおさらその重要性を知っている。

「結局は、どこで打つか。チームを勝たせる結果を出せた選手が評価されるべきだと思う。短期決戦はリーグ戦とは別物ですからね。チームの勝利に、どう力になれたかが重要。例えば、10割打っても負けたら何も報われない。全然打てなかったけど、大事なところで打って、それが日本一につながったら大きい」

 オリックスの太田は第6戦、第7戦と1番打者を任され、打線の流れを作った。第7戦の見事な初球ホームランは、今後も長く語り継がれることだろう。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧