「松田全体がショックを受けたシーズン」ベストナイン受賞の松田宣浩・シーズン振返りインタビュー1

タグ: , , 2018/11/27

 心や気持ちは?と問うと「松田語」の独特の表現で、その時のショックを言葉にした。

「心も?体や心も含めた『松田全体』がショックを受けていました。今までに無かった感覚です。悔しいだけじゃ済まされない一年でした。だけど、35歳でこう言う経験があって良かったと思っています」

 映画鑑賞好きの松田。映画の宣伝である「全米が涙した」と言うような表現をしたかったのか…。とにかく全身で悔しさを感じ、それを「全松田」でショックを受けた事を言いたかったのだ。

しかし、2017年のWBC準決勝アメリカ戦でのファンブルを「貴重な経験をさせてもらった」と本人は振り返るように、その時、その時に経験した失敗や出来事を自身の成長につなげるのが熱男。

「CS、日本シリーズで(試合に)出られなかったと言う悔しさは、経験できて良かったと思っています。この経験のおかげで野球人生が長くなると思います。去年までの感じで今シーズンも終えていたら、控えの選手の気持ちも全く分からなかったと思う。」

「もどかしくも、良い経験をした」と語る松田宣浩のインタビュー。

明日は「初めてベンチから駆け付けた胴上げ」や自身に対して憤慨した事等について。

続く

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧