松田宣浩「ベテランになって変えた事、変えない事」 競輪女王・奥井迪と対談3

タグ: , , , 2018/12/28

 年末の一大スポーツイベント「KEIRINグランプリ2018シリーズ」が12月28日から開催されている。公務員から競輪選手に転身し、「先行日本一」と称されるガールズケイリンの女王・奥井迪(おくいふみ)選手。

「熱男」こと、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手と異色の対談第三弾。

35歳と37歳、プロスポーツ界ではベテランの域にも達する2人が、長く現役生活を続けるための秘訣と葛藤を語った。

・合わせて読みたい→
球界最高のモチベーター 松田宣浩(https://cocokara-next.com/feature_archive/nobuhiromatsuda-feature/)

成功例の積み重ねが「熱男」を作り上げた


松田:僕はまだまだベテランと思っていないけど、ベテランより若い力を出していこうという社会の流れには逆らっていきたいと思っていて。同世代の選手でも、そういう世代交代の流れには乗らないといけないという考えの人もいるんですよ。でも、僕はまだまだやりたいので。

奥井:松田選手が若い人が上がってくる中で、常にフル出場を続けているじゃないですか。

松田:アマチュアスポーツではないので、先輩が卒業したら若い選手に自動的に出られるってものではないですからね。若い選手にポジションを譲るってものではないので、ずっと守りたいと思っていますよ。

奥井:気持ちの面で、プロでデビューした若い頃と今って全然違いますか?

松田:プロで13年やってきて、振り返ってみると、若い頃って結果も出なかったからこそ、今みたいなプレースタイルにもならなかったですね。結果が出始めると自信もつくし、成功例がたくさんあると「熱男」とかをやり始めて、ファンのみなさんを盛り上げたいとかそういうことにも繋がってくる。やっぱり、成功例を自分で体験したから自信になるし、より自分の選手として成長させてくれると思います。ゴールデングラブとかベストナインとかのタイトルを取らなければわからなかったですけど、一回取るとまた取りたい、何度でも取りたいって思う自分がいるんですよ。1勝したら2勝、3勝って、そう思いますよね。経験しないと、この喜びが見えてこないじゃないですか。

奥井:私もデビューしたての頃は何も考えずに自分の先行逃げ切りスタイルでやってきたんですけどね。最近は車券を買ってくれるお客さんがいるので、そういう人たちの期待に応えるために勝つことだけを優先するか、自分の走りを優先させるのか、考えさせられます…。

松田:それは僕ら野球選手にはないタイプの責任ですね。一回味わってみたいな。

奥井:発走前、自分のオッズが見えるんですよ。人気がない時、それはそれで「やってやるぞ」って気持ちになるんですけど。理想としては、自分の走りを追い求めていきたいですね。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧