ソフトバンク・松田宣浩、初めてベンチから胴上げに駆けつけた景色

タグ: , , 2018/11/28

 プロ13年目にして初めてのベストナインに選ばれた「熱男」こと、福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手。

「もどかしくも、良い経験をした」と語った前回のインタビューに続き、ベストナイン受賞同様にプロ野球人生で初めての経験や思いを聞いた。

・合わせて読みたい→
球界最高のモチベーター 松田宣浩(https://cocokara-next.com/feature_archive/nobuhiromatsuda-feature/)

「熱男」は短期決戦に強いはずだった


 「レギュラーシーズンは目標とする数字がそれなりに残せて、試合にも全試合出場させてもらえたんですが…。でも、クライマックスシリーズ (CS)、日本シリーズで活躍できなくて試合にも出られなかったことは本当に悔しかったですね。」

侍ジャパンにも呼ばれる実力と人気で、WBCでは勝利を決定付けるホームランを放つなど、「お祭り男」ぶりを発揮してきた「熱男」が、浮かない顔をした。

「僕ってスタートダッシュ派なんですよね。最初に貯めたものをドンドン減らしていくタイプというか(笑)。いつも4月、5月は打率もホームランも上位にいるのに、そこからいつものそれなりの位置に落ちていく(笑)。僕は今まで周りの人から短期決戦とか日本代表戦に強い選手って思われていたんですよ。それは1、2試合目でバカスカ打って印象を良くしているからだと思いますけどね(笑)。なのに、今年はそれができなかったCSと日本シリーズだったんです。期待して使ってもらうことも、応えることも。」

2018年はパ・リーグ1位のライオンズをCSファイナルで破り、日本シリーズを2年連続の日本一で飾った常勝軍団・ソフトバンクだが、歓喜の輪の中心に「熱男」はいなかった。松田選手はレギュラーシーズンを32本塁打82打点でチームに貢献していたが、CS、日本シリーズで不調に陥って、大舞台での出場機会を逃していた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧