織田信成はモラハラ被害者から加害者に?!フィギュアスケート界は今どうなっているのか

タグ: , , , 2019/12/10

 バンクーバーオリンピックで見事7位に入賞した元フィギュアスケート選手の織田信成。引退後は大学の監督としてフィギュアスケートに関わってきたが、2019年秋に濱田美栄コーチからのモラハラについて言及し、世間からの注目を集めたのはまだ記憶に新しい。しかし、実はモラハラをしていたのは織田信成本人ではないか?との声が。

今回はこの織田信成のモラハラ問題について解説していく。

・今すぐ読みたい→
元フィギュアスケート・中野友加里さんの「サードキャリア」~引退、テレビ局就職、結婚・出産、再び氷上の世界へ~(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-third-career/)

織田信成が濱田美栄コーチにモラハラを訴える

織田信成は引退後、生徒の指導を行う監督業に就任したのだが、濱田美栄コーチから陰口や無視などの陰湿な嫌がらせを受け、実質的に監督業が不可能になったと訴えた。自身のブログでもその詳細が書かれており、その相手が濱田美栄コーチであることについても明確に記載していた。

織田信成は濱田美栄コーチから受けたモラハラが原因で体調不良になり、1週間の入院もしたとのこと。この問題に拳を上げる形で、1100万円の慰謝料を求め、濱田美栄コーチを提訴したのである。

濱田美栄コーチを支持する人も少なくない


濱田美栄コーチはというと、トップアスリートを次々と世に送り出している実績あるベテランコーチだ。

海外からの支持も厚く、これだけ有名になると評判の良し悪しが分かれるのは無理もない。

実際に生徒への指導は厳しく、これだけハラスメント問題がピックアップされる現代では、少々浮いた印象をも抱かれていたであろう。

しかし、彼女の指導に賛同する生徒や保護者も多く、今回のモラハラ問題については疑問の声もあがっている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧