RIZIN榊原CEOの心中を考察―「選手はプロモーターのおもちゃじゃない」(前田日明)から見えてくるもの【榊原CEOの心中を推察する】

タグ: , , , , 2022/2/8


 大みそかの「Yogibo presents RIZIN.33」(さいたまスーパーアリーナ)からひと月が経過し、2022年の格闘技界もようやく本格的に動き始めようとしているが、年明けから今日までの間に気になる発言がいくつか散見された。その中の一つに前田日明氏がRIZINの榊原信行CEOに対して発言した「選手はプロモーターのおもちゃじゃない」があった。今回はこの発言を見えてくるものを考えてみた。全4回の第4話(最終回)(取材・文=Show大谷泰顕)

【動画】RIZIN榊原CEOの心中やいかに!? 「選手はプロモーターのおもちゃじゃない」(前田日明)を【多角的に考察】してみた/最大の敵は◯◯
・今すぐ読みたい→
RIZIN榊原CEOの心中を考察【石井館長いわく、「RIZINは競技かイベントか」】 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/nobuyukisakakibara-rizin-01/



 プロモーターに関しては『バカサバイバー』青木真也が興味深い見解を残している。

「このカードを実現できるのは3人しかいないと思う。アントニオ猪木会長か、RIZINの榊原信行CEOか、石井和義館長。本当に実現させたいなら、そのうちの誰かが間に入るしかない」

 これは2019年だったか、那須川天心VS武尊の実現性について答えた際の言葉だった。

 結局、それから紆余曲折あって、昨年末に会見が行われ、榊原CEOが間に入り、このカードを今年6月に実現させることが発表されたが、青木の発言には日本における三大プロモーターがこの3人だという認識がうかがえる。

 なお、青木いわく、「プロモーターには2種類いる」らしく、「それは悪いプロモーターともっと悪いプロモーター」だとのたまっていることも付け加えておくが、毒舌を吐き続けても、どこか憎めない青木らしさのある物言いだと思った。





 最後に、記者が考える榊原CEOの胸中を書き記すと、おそらくは苦渋の決断を繰り返している毎日ではないか。そんな気がしている。なぜなら榊原CEOが2015年にRIZINを立ち上げた時の気持ちを思えば、歯がゆくて仕方がないだろうことは容易に想像がつくからだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧