RIZIN榊原CEOの心中を考察―「選手はプロモーターのおもちゃじゃない」(前田日明)から見えてくるもの【石井館長いわく、「RIZINは競技かイベントか」】

タグ: , , , 2022/2/5


 大みそかの「Yogibo presents RIZIN.33」(さいたまスーパーアリーナ)からひと月が経過し、2022年の格闘技界もようやく本格的に動き始めようとしているが、年明けから今日までの間に気になる発言がいくつか散見された。その中の一つに前田日明氏がRIZINの榊原信行CEOに対して発言した「選手はプロモーターのおもちゃじゃない」があった。今回はこの発言を見えてくるものを考えてみた。全4回の第1話(取材・文=Show大谷泰顕)

【動画】RIZIN榊原CEOの心中やいかに!? 「選手はプロモーターのおもちゃじゃない」(前田日明)を【多角的に考察】してみた/最大の敵は◯◯
・今すぐ読みたい→
「契約金7千万円が振り込まれた通帳を見て? 本当に振り込まれたって思いました」元西武の投手でキックボクサー・相内誠が激白③ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/makotoaiuchi-interview-03/



「選手はプロモーターのおもちゃじゃない」

 この発言は、去る1月22日に公開された前田日明氏による自身のYouTubeチャンネルでの発言である。

 前田氏は大みそかの「Yogibo presents RIZIN.33」で朝倉海が痛み止めを打って決勝戦に臨んだことに触れ、RIZINの榊原CEOに対してそう言い放った。

 まず、記者の個人的見解を言えば、非常に誤解を受ける発言だと思ったし、正直な感想を言えば、決して手放しに喜べるものではなかった。また、前田日明という人物のキャラクターや人となりを理解している人からすれば、想定される範囲の発言かもしれないが、業界外のメディアからすれば、非常に利用されやすい言葉だろうな、とも思った。事実、業界内のメディアはこれを特別視して取り上げなかったと思う。

 実際、RIZINのみならず、PRIDE時代から似たような場面は何度となく経験してきた榊原CEOからすれば、総合的な判断で難しいと思えば、朝倉海を決勝戦に送り出すことはなかったに違いない。





 なお、その後、石井和義館長もこの件に触れ、1月23日に以下のようなツイートを発信している。

「朝倉君の気持ちもわかるし、RIZIN側の思いも見える。前田さん、懐かしいなぁ。お元気なのかな、前田さんの言うことも正論。物事は表裏一体、光と影、男と女、リアルとフェイク、全て二つで一つ。未来に向けてどうするかRIZINは競技かイベントか。」(原文ママ)

 非常に石井館長らしさのある、配慮が感じられるツイートだった。

 まさにヤンチャな前田氏とは好対照な印象を受けた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧