「俺は逃げない」フェザー無敗戦士が井上尚弥への挑戦を口にし続ける“特別な事情”「リスペクトの上で話している」

タグ: , , , , , 2024/6/10

井上という世界最強の猛者を前に堂々と振舞い続けるキャリントン(C)Getty Images、(C)Takamoto TOKUHARA/CoCoKARAnext

 目下、27戦無敗(24KO)という圧倒的な戦績を残し、敵なしの強さを誇る井上尚弥(大橋)。アジア人史上初にして、世界2人目となる2階級での4団体統一という偉業もやってのけた“怪物”の存在感は日増しに強まる一方である。

【動画】井上尚弥に日本流の礼節 キャリントンがKO後に見せた異例の行動





 ゆえに井上と拳を交わそうとするべく、挑戦を申し出るライバルは少なくない。その大半はモンスターの功績を軽んじるような挑発的なものばかりで、対戦することで生じる巨額のファイトマネー目当てと言われても致し方のないような“煽り”の感が否めない。

 そうした井上への“アピール合戦”の中で一線を画すのが、フェザー級WBO4位につけるブルース・キャリントン(米国)だ。

 実力は確かだ。21年にプロ転向を果たした27歳は、12戦無敗(8KO)と好成績を記録。現地時間6月8日に行われたフェザー級10回戦で、ブラヤン・デ・グラシア(パナマ)に8回TKOで勝利。観戦に訪れていた井上の眼前でポテンシャルを発揮した。

 試合後にリングサイドにいた井上にお辞儀をしたキャリントン。彼の「打倒・モンスター」に対する想いは特別なものがある。デ・グラシア戦を前に英衛星放送『Sky Sports』の取材に応じた際に「自分がこれから何年も注目される男であることを証明し続けたいんだ」と漏らした27歳は、犯罪行為が横行するニューヨーク市ブルックリン東部のブラウンズビル地区出身であるという特異な生い立ちを語っている。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧