Sバンタム停留は「明らかに奇妙」 井上尚弥が披露した階級上げの持論に米メディアが“いちゃもん”「自信がない現れだ」

タグ: , , , , 2024/6/11

米ESPNの番組に生出演した井上。そこで披露した持論が小さくない話題となった。(C)Getty Images

 ボクシングの“本場”に降り立ったモンスターの言葉は、注目の大きさもあってか、やはり話題となった。

 世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は、現地時間6月8日に米ニューヨークの“聖地”マディソン・スクエア・ガーデンで行われた興行に登場。米興行大手『TOP Rank』と共同で試合中継を担っていた米スポーツ専門局『ESPN』に番組に生出演し、注目されるフェザー転級に対する持論を語った。

【動画】悪童ネリに逆襲の右ストレート!井上尚弥がドームを熱狂させた貫禄のTKOの瞬間





 注目の場でも信念は揺るがない。番組の司会から「あなたをフェザー級の王者たちが待っていますが、フェザー級に上がるチャンスはどれだけあるだろうか?」と問われた井上は「上げるべき時が来たら、そういう案も考えている」とキッパリ。続けざまに「しっかりとフェザー級の身体というものになった時に考えます」と自身が掲げる理想を語った。

 かねてから階級上げについて「『敵がいないから上げろ』ってみんな言いますけど、階級をひとつ上げるのはそう簡単なものじゃない」と明言してきた井上。フェザー転級を真っ向から否定したわけではない。自らが100%のコンディションで挑める環境でなければ試合はしないという不変の考え方を改めて披露した形だ。

 しかし、昨年1月に転級してからわずか2試合で「パワー不足になる」と指摘されたスーパーバンタム級を完全統一した井上。それだけに今回の発言に対しては、思わぬ“いちゃもん”も飛んでいる。先述の発言を「自信がない現れではないか」として報じたのは、米専門メディア『Boxing247』だ。

 同メディアは、昨年12月にマーロン・タパレス(フィリピン)とのスーパーバンタム級4団体統一戦を制した井上が、今も同階級で戦い続ける現状について「明らかに奇妙な動きであり、おそらく彼は、自分にとって極めて危険な階級に上がることに自信がないのだろう」と辛辣な意見を飛ばした。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧