球界でも猛威振るう第7波、頼みのワクチン接種で昨夏に続き球宴辞退者続出か

タグ: , 2022/7/15

 新型コロナウイルスの感染第7波の到来で、プロ野球界を襲うウイルスの猛威も、一段階上がったようだ。ヤクルトは高津臣吾監督や、山田哲人、青木宣親ら主力を含むチーム内関係者28人が一気に集団感染。9、10日の阪神戦(神宮)を2試合続けて中止にした。

【関連記事】大谷の自責点「0」記録をストップさせた「緩慢守備」と「誤審」






 事の発端は8日、2軍にいた石山泰稚と育成契約の丸山翔太の2人が陽性判定を受けた。翌9日に前述した3人や、田口麗斗、清水昇ら1、2軍16人が感染。続く10日にも中村悠平、塩見泰隆ら9人が陽性となり、主力の離脱者が相次いだ。

 チームは13日の中日戦から、選手を大幅に入替えてリーグ戦を再開。最下位チーム相手に主力離脱が響いた形で連敗し、歴代最速で点灯させたリーグ連覇への優勝マジックは消滅してしまった。集団感染の影響がもろに響いた格好だ。

 ヤクルトだけではない。西武では12日に松井稼頭央ヘッドコーチの感染が判明。翌13日には源田壮亮、増田達至ら選手6人、スタッフ2人の計8人が陽性判定を受けた。先のコロナ集団感染の影響で失速していた首位ソフトバンクを捕らえようかというタイミングで、こちらも主力にウイルスが直撃である。

 これまでもコロナ下においての1年目であった2020年から、チーム内での集団感染はたびたび起こってきた。しかし、今回のヤクルトでの集団感染は過去の事例とは異質の規模の大きさとなった。

 一つには報じられている通り、オミクロン株の中でも感染力がより強いBA5株の広がりがあるだろう。日本全国で見ても感染者数の激増が続いており、1日の全国の感染者数は10万人に迫る勢いだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧