五輪16大会で金メダルわずか1個「主将は活躍できない」不吉ジンクス 高木美帆はうち破れるか

タグ: , 2022/1/21


 「主将や旗手は活躍できない」

 五輪のジンクスとして、ささやかれるようになったのはいつからだろうか。いずれも日本選手団の顔であり、選ばれるのはメダル期待の選手がほとんど。表舞台に立つ機会が多いため、自身の調整が難しく、重圧もかかる。結果、活躍できずに終わる選手が続出してきた歴史がある。

・今すぐ読みたい→
世界を取りに行く!若松佑弥の覚醒した秘密とは!?世界タイトルマッチを控え、独占インタビュー! https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yuyawakamatsu-interview-01/



 冬季五輪はとくに、大役を務めた選手が結果を出せなかった。日本選手団として派遣するようになった1960年スコーバレー大会から2014年ソチ大会まで、メダル獲得者はのべ30人中わずか3人。金メダルは、98年(長野)スピードスケートの清水宏保しかいない。

 主将でいえば、88年(カルガリー)スピードスケート黒岩彰の銅メダル、14年(ソチ)スキー・ジャンプ葛西紀明の銀メダルだけ。長く続いた黒歴史に終止符を打ったのが、2018年平昌大会のスピードスケート小平奈緒だった。「主将を任され、まわりから金メダルを取れないジンクスがあると言われた。でも500メートルには絶対の自信があった」と五輪新のタイムをマークする圧巻の滑りで、歴代主将16人目で初めて金メダルを獲得した。





 2022年北京大会は、主将にスピードスケートの高木美帆(27)、旗手に同種目の郷亜里砂(34)とノルディック複合の渡部暁斗(33)が選ばれた。前回の平昌大会で金、銀、銅と3つのメダルを獲得している高木は「大役を光栄に思います。どんな困難にぶつかっても、強くいられるように取り組んでいきます」と決意表明。小平に続き〝主将のジンクス〟打破なるか。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧