なぜ高校スポーツ報道の中で硬式野球だけが特別扱いされるのか

タグ: , 2020/9/3

 「絶対に納得いかないんですけど」

 こう不満を述べるのは、関東の県立高校で、とある球技の部活動に所属した3年生の男性部員です。

・今すぐ読みたい→
平成史上最悪のドラフト・・・ヤクルトの2014年暗黒ドラフトを忘れない https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yakult-swallows-2014-draft-players/



 「コロナでインターハイが中止になって、全国の舞台に出るんだという目標が失われたのは、僕たちも一緒です。親にも協力してもらい、一生懸命やってきたのに、中途半端に終わってしまった無念もあります。でも、マスコミは野球部ばかり特別扱いして、感動ドラマを報じ続ける。おかしくないですか?」

 確かに春夏の甲子園大会が中止になり、涙に暮れた高校球児たちの姿は、コロナ禍の今年を象徴するシーンとして報道されました。さらには『夏の選抜大会』が開催されることになると、NHKやBS朝日が完全生中継。夏の各地方の『代替大会』にも新聞各紙のスペースが割かれ、青春の熱きエピソードが載りました。

 それでは、他の部活動に生徒たちの葛藤や決断、師弟愛や親子のドラマはなかったのかといえば、それぞれに熱い裏話がたくさんあったはずです。





 前述の生徒は言います。

 「だいたい、普段から野球部が別格なのがおかしいんですよ。広いグラウンドを使って練習するし、公式戦は全校応援で学校行事の一つに組み込まれている。結果はすぐにネットニュースになって、仲間内のSNSでバズったりしています。メディアの姿勢って変じゃないですか?」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧