山﨑康晃は盛り込まず、千賀滉大は行使してメジャーへ 「今さら聞けない」オプトアウト条項とは?

タグ: , , , 2022/11/30

(C)CoCoKARAnext

 DeNA山﨑康晃が11月29日、来季から年俸3億円での6年契約を結んだ。毎オフ、球団に訴えてきたポスティングシステムでのメジャー挑戦の夢は封印。「横浜に骨を埋める覚悟で投げる」と生涯ベイスターズを宣言した。

 山﨑はさらに、契約期間中にそれを破棄してメジャー挑戦を目指せるオプトアウトの条項はないことを強調した。「そういう契約は入れていない。メジャーに途中で移籍する可能性はない」。現在30歳。この6年契約を終えた時点では36歳に達する。年齢的に考えても、メジャーへの道は完全に諦めたとみていいだろう。

【関連記事】原巨人 「こいつが出てくるの?」若手がこぞって「外野シフト」に走る理由






 そもそもオプトアウトとは何ぞや、というファンも多いかと思う。直近の例を挙げれば、ソフトバンクから海外FA宣言した千賀滉大。昨年12月、年俸変動制の5年契約を結んだのだが、その際にメジャー挑戦を希望すれば契約を破棄できるこの条項を盛り込んだ。実際に千賀は海外FA権を行使して、メジャーリーグの複数球団が獲得に名乗りを上げている。

 またヤンキースから楽天に復帰した田中将大は、昨年1月に2年契約を結んだ。その際、1シーズン終わった際に田中がメジャー復帰を希望すれば、契約を破棄できるオプトアウトが付記された。

 メジャーリーグでは長期契約を結ぶ際、その間で選手自らの意思で契約を破棄してFAとなれるオプトアウトを盛り込むケースがままみられる。このオフはツインズ移籍1年目を終えたカルロス・コレアがオプトアウト権を行使してFAとなった。コレアは昨オフ、3年総額1億530万ドル(約150億円)でツインズと契約。1年目終了時点でオプトアウトできる権利が含まれ、それを行使した。今季は136試合で打率・291、22本塁打、64打点をマーク。「今がキャリアの全盛期。オプトアウトは正しい判断だ」と語った。以前の契約よりも、より高額の大型契約を結ぶことができるという自信を示したわけだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧