交流戦Vを果たしたオリックスの今後の活躍継続の鍵を握るのは・・・、攝津正氏が解説

タグ: , , , 2021/6/14

 今年の交流戦はオリックス・バファローズが2010年以来、11年ぶり2度目の優勝を飾った。これまでも戦力の充実をいわれながら、なかなか結果をのこせなかったチームの今年は何が変わったのか。同じパ・リーグで長年戦ってきた元ソフトバンク・ホークスのエース、攝津正氏がまず要因として挙げたのは、先発投手陣の充実ぶりだった。 

・今すぐ読みたい→
またも離脱危機? 日本ハム・中田に大物OBが喝! https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shonakata-withdrawal/



 「毎年思うのは先発ピッチャー陣が非常にいいなと。今年に関しては高卒2年目の宮城投手も育ってきて、ローテーションでかなりいい成績を残してます(6勝1敗、13日現在)」「ほかの投手、山本、山岡、山崎、田嶋もいますし、先発がかなり充実しています。ピッチャーに関しては(オリックスは)育ちますよね」

 投手陣の充実ぶりは交流戦でも注目されたが、実はオリックスのチームカラーとして従来からあったものだと攝津氏はいう。さらにこんな『キーマン』も指摘した。

 「増井選手も今年は先発で頑張っている。中継ぎ、抑えもやってきて、いざとなれば、そういうところ(救援)でも投げれるのでピッチャーのバリエーションは面白いのかなと思います」





 これまで主にリリーバ―を務めていた増井が先発陣に加わったことで厚みが出たのと同時に、後ろの投手陣が厳しくなってくれば、再度の配置転換も考えられる。選択肢が増えたことで、戦い方に余裕が生まれているのも大きいと見る。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧