5年連続開幕投手を務めたミスターホークスの意識を変えた「恩師の言葉」

タグ: , , 2021/6/8

 現役時代、沢村賞をはじめとした数々のタイトルを獲得し、5年連続開幕投手を務めた元福岡ソフトバンクホークスの攝津正氏。

その攝津氏が先日ユーチューバーデビューを果たし、ファンの間で大きな話題をよんでいる。

そんな攝津氏が、社会人時代そしてプロ入り後に受け自らの野球人生を変えた恩師からの言葉を告白。

常勝軍団を支えたミスターホークスを変えた言葉とは一体どんなものなのだろうか。

・今すぐ読みたい→
攝津正が語るベテラン・和田毅の強さの秘密「1人だけ釣りはやらずにランニングと読書」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tadashisettsu-talks-about-tsuyoshiwada/

考え方、ピッチングスタイルにも影響を受けた存在


これまで野球を始めてからプロ入りまで、そしてプロ入り後も様々な指導者に教わってきたという攝津氏。

その中で特に印象に残っている指導者について

「社会人時代の投手コーチとは、色々話をした記憶があります。」

というが、その理由についてこう語る。

「そのコーチから、『ボールを扱うことって、非常に難しい。体の一部じゃないものを扱うことは難しいから、まずは自分の体をしっかり扱うこと。そして自分の心を含めたメンタル面もコントロールできないと、ボールを扱うことは無理だよ』みたいなことを言われました。それを聞いて、そうだよなと思いましたね。」

攝津氏といえばコントロールに定評があった印象だが、かつては決してコントロールが良いタイプではなかったという。

「プロ入り後はコントロール派という投球スタイルでしたが、若い時はそうではありませんでした。でも、(社会人時代のコーチに)そうやって言われてハッとした気持ちになりましたし、自分の感情も含めて上手くやらないとダメだということを気づかされましたね」





そんな投手コーチの言葉もあり、JR東日本東北から晴れて福岡ソフトバンクホークスに入団した攝津氏。改めて同コーチとの出会いについてこう振り返る。

「若い時って数わればいいみたいなところはありましたが、考え方も含めて勉強になったというのはありましたね。そうやって色々なことを言ってもらえなかったら自分自身で気づかなかったところもありますし、大きなことだったと思います。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧