ポストシーズン進出に向けた戦い 日本人選手所属チームの行方は?

タグ: , 2020/9/19

 メジャー1年目の筒香嘉智外野手が所属するレイズが17日、ポストシーズン(PS)進出を決めた。筒香自身は打率1割台に低迷しているが、チームは開幕から好調。ナ・リーグ西地区のドジャース、ア・リーグ中地区のホワイトソックスに続き、日本人大リーガー所属球団では一番乗りでPS切符を手にした。

・今すぐ読みたい→
ダルのサイヤング賞可能性について岩村氏「フィフティーフィフティー」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/darvish-cy-young-award-winner-possibility/



 新型コロナウイルスの影響でレギュラーシーズンがわずか60試合と、従来より100試合以上削減された今季。メジャー最大の見所であるPSも大きく様変わりしている。日本人大リーガー所属球団の現在地と共に、新様式のメジャーPSをおさらいしたい。

 従来のPSには両リーグ合わせて10チームが進出。両リーグの東、中、西の3地区優勝チームと、地区2位以下のチームで勝率上位2チームがワイルドカードとして出場権を手にしていた。

 今季は両リーグ合わせて16チームが進出と門戸は大きく開かれた。両リーグ各地区の優勝チームと2位チームが進出。3位以下のチームで勝率上位2チームがワイルドカードとして出場できる。

 PSの初戦はワイルドカード・シリーズと名付けられ、3回戦制で行う。両リーグとも勝率上位4チームが本拠地に下位4チームを迎えて対戦する。

 その後はおなじみの地区シリーズ(DS)を5回戦制、リーグ優勝決定シリーズ(LCS)を7回戦制で行う。変更点は2つで、一つの球場で集中開催されることと、移動日がない連戦となること。投手起用の難しさが増してきそうだ。
 両リーグのLCS覇者がワールドシリーズ(WS)を争う。WSは今季開場したレンジャーズの本拠地、グローブライフ・フィールドで行われる。





 17日時点でPS進出に最も近いのが、ナ・リーグ中地区のダルビッシュ擁するカブス。下馬評通り地区首位を走っており、そのままゴールラインを切りそうだ。田中将大のヤンキースもレイズを3・5ゲーム差追う地区2位ながら、高勝率からPS進出はほぼ確実な位置にいる。前田健太のツインズも同じような立ち位置で、PS進出は間違いなさそうだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧