菅野智之の胸中やいかに・・・巨人が山口俊にメジャーへのポスティング移籍を容認 その背景は?

タグ: , , , 2019/11/21

 巨人の山口俊投手が18日、今オフにポスティングシステムを利用してメジャーリーグ移籍を目指すことを表明した。巨人からは過去に松井秀喜、上原浩治、高橋尚成がFA宣言してメジャー移籍したことはあったが、ポスティングシステムでの移籍は初めてとなる。

・合わせて読みたい→
これじゃトレード?!ロッテと楽天でFA宣言選手同士が入れ替わる事態に(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/fa-player-replaces-team/)

巨人で初めてポスティングシステムでのメジャー移籍を容認


 球界の盟主とも呼ばれる巨人は、一貫してこのポスティングシステムを容認してこなかった。高卒野手として1年目から1軍出場していた松井は、28歳とまだ若い年齢で海を渡れた。ただ大卒で浪人経験のある上原は33歳、大卒後社会人を経由した高橋尚は34歳と、海外FA権取得まで長い年月を必要とした。2投手ともメジャー移籍後も数字は残したが、選手としての峠はさすがに過ぎていた。より早い段階でポスティングシステムでの利用を訴えても、門前払いにあっていた。

 その巨人が大きな方針転換をみせた。球団によると、DeNAから巨人へFA移籍した際に、山口が希望すれば将来的にポスティングシステムでのメジャー挑戦を容認する付帯条項があったという。いわゆる「サイドレター」で、FAでの争奪戦の際に、他球団との競争の中で生じた妥協点だったとも言える。

 この山口の移籍で、がぜん注目を集める形となったのが菅野智之投手だ。かねてから将来のメジャー挑戦を志望していた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧