今オフ筒香も、初のポスティングでのMLB移籍は実は広島の・・・

タグ: , , 2019/10/10

 DeNAはCS敗退が決まった7日、筒香嘉智外野手のポスティングシステムでのメジャー挑戦を容認する方針を発表した。同システムを利用してメジャー挑戦する選手は、昨オフの元西武・菊池雄星投手(現マリナーズ)以来となる。

 名称こそ変わらずポスティングシステムのままだが、誕生から様々な変遷を重ねてきた。現在のポスティングシステムでは、獲得を希望するメジャー全30球団と交渉が可能であり、選手の立場から見たらFA(フリーエージェント)移籍に限りなく近い形となっている。

ポスティングシステムが生まれた経緯


 ポスティングシステムが生まれたのは1998年。そもそも誕生の経緯は、日本人選手がメジャーリーグに挑戦することが現実的となってきていたからだった。野茂英雄と伊良部秀輝。2人の投手の移籍がきっかけであった。

 野茂は近鉄を任意引退という形をとり、1995年からドジャースでプレー。伊良部はパドレスとの三角トレードを経て、1997年からヤンキースでプレーした。実際に彼らはメジャーの第一線で活躍し、今後ますます増えるであろう日本人選手の移籍について、明確なルールを作る必要に迫られていた。

 そこで日米間選手契約に関する協定を調印。ポスティングシステムが誕生した。当初は入札制度で、同システムを利用したメジャー移籍を希望する選手に対し、獲得を希望する球団が譲渡金額をコミッショナー事務局に非公表で申請。最も高額な譲渡金を設定したチームが独占交渉権を得ていた。

・合わせて読みたい→
高木豊が選ぶ横浜歴代ベストナインとは? 不振の筒香に叱咤激励も(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yutakatakagi-choose-yokohama-best-nine/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧