筒香が訴えた野球指導の改革 「頭の中がアップデートされていない」

タグ: , , , 2019/1/21

 古い指導者たちはアップデートせよ!

DeNAベイスターズ筒香嘉智選手(27)が球界改革へ強烈なメッセージを投げかけた。アマ球界は子どもファーストでなく「甲子園を求めるのは大人」、「勝利至上主義の弊害」など、オフのイベントがあるごとに自らの考えを披露。現役トッププロ選手の勇気ある「ぶっちゃけ発言」が、大きな話題となっている。

・合わせて読みたい→
「結果が出ず、人が去っていった」投手の復活劇(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kazukimishima-interview-02/)


 1月14日、OBである大阪府堺市の少年野球チーム、堺ビッグボーイズのイベントで、筒香は自らの経験も振り返りながら球界に警鐘を鳴らした。

「僕は野球を始めた小さいころから、所属チームで『勝たなアカン』と言われ続けてきた。横浜高校でも、勝って甲子園大会に行き、日本一を目指すことが目標だった。もちろん勝つこと、勝ちを目指すことがダメだと言っているわけではない。感じるのは指導者の自己満足。ストレスを発散しているのではないかと思うこともある。勝つことが常に優先されるので、姑息な手を使って勝ちにいったりしても子供たちの将来のためにならない。一番勝ちたいのが、選手でなく監督やコーチだからだと思う」

「先日、ある少年野球チームを見学にいったら監督や指導者が、ミスをした選手に暴言を浴びせ、罵倒していた。『へたくそ』『使えないんだよ』『帰れ』。子供たちはできないのが当たり前なのに、なぜそれを怒るのか。本来は一番の味方になってあげるべき選手の親まで、選手を追い込むことがある」

「高校野球は甲子園があるために、かなりの数の選手がつぶれていると思う。でも、甲子園に本当に行きたいのは誰かというと、結局、監督や部長ではないかと。成長過程の子供たちに勝つことはそれほど重要だろうか。勝利至上主義の弊害の一つは、指導者の実績や功績、関係者や親など大人たちの満足のためのものになってしまいがちな点にある」

「強い打球を打つことが楽しさにつながるし、細かいことを言われずにフルスイングをしていた子供が、のちのちそれが役に立ったというケースがかなり多いと思う。小さいころから細かいことを詰め込みすぎると、小さくまとまってしまいがち。日本にスーパースターが出ないのはそのためだと思う」。

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧