トヨタの豊田章男社長がレース中止に不公平感「五輪で許されても、4輪、2輪はなぜ?」

タグ: , , 2021/9/19

 スポーツの世界の大きな矛盾を端的に示した会見だった。トヨタ自動車の豊田章男社長が9月18日にスーパー耐久シリーズ第5戦が行われている鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で記者会見し、日本で今年予定されていた2輪、4輪の世界選手権全てが中止となったことについて強い遺憾の意を示した。

 「五輪で許されても、4輪、2輪は許されない。われわれ4輪、2輪系から思うと、不公平感を感じる。五輪も支援させていただきましたし、アスリート支援をしております。ただ、モータースポーツもアスリートだと思います。そして、五輪、パラリンピックも皆、彼らは、彼女らはアスリートだと思います」

4月の東京五輪・聖火リレーに参加したトヨタ自動車の豊田章男社長(トヨタ自動車提供)

・今すぐ読みたい→
実は意外に多い!? 五輪・パラリンピックに出場した「元F1ドライバー」たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/former-f1-driver-participated-in-the-olympics/



 これは川崎重工との共同会見の中で「日本自動車工業会会長」の立場として語ったもの。シリーズに参戦する水素エンジン仕様のカローラに川崎重工も手がけるオーストラリア産の褐炭由来の水素が使われていることから開かれた会見だが、川崎重工もオートバイメーカーで、中止となったオートバイの鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿サーキット)に出場の予定だった。

 豊田社長は「同じアスリートに対して、どうして入国に対しての許可が違うのとか、どうして開催の判断が違うだとか」と続け、「モータースポーツに関しては外国人選手がなかなか入国できないなどもありましたので、一言で言うと『五輪で許されても、4輪、2輪はなぜですか?』というのを、見出しにしてください」と不公平感があることを切に訴えた。

 昨年に続いて2年連続で中止となったのは2輪がモトGP世界選手権・日本GP(ツインリンクもてぎ)、トライアル世界選手権(同)、世界耐久選手権の鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿サーキット)。4輪はF1日本GP(同)、世界耐久選手権・富士6時間耐久レース(富士スピードウェイ)、世界ラリー選手権(WRC)のラリージャパン(愛知、岐阜)。





 いずれも新型コロナウイルス感染拡大の影響で外国人選手、関係者の入国のめどが立たなかったため。簡単に言えば、政府が入国ビザの発給について「OK」の姿勢を見せなかったことから、開催を断念せざるを得なかったということだ。

 例えばF1日本GPについては東京五輪のようにバブル方式を徹底させ、関係者のホテルを数カ所に集中させて、サーキットの移動を含めて外部との接触を厳重に避ける措置を講じられる計画だったが、政府から明確の回答を得られなかったという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧